アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

燃やすな危険!焚き火の薪に不向きな樹木

燃やすな危険!焚き火の薪に不向きな樹木
焚き火に使う薪をキャンプ場で拾って使う方もいるでしょう。しかし、植物には毒性をもつものがあり、知らないまま燃やすと危険です。本記事では焚き火に不向きな樹木や、燃やしてはいけないものについて紹介します。

焚き火の薪に使ってはいけない樹木とは?

焚き火用 薪

キャンプで焚き火を楽しむには薪が必要ですが、使ってはいけない樹木があります。毒性があり、人体に影響があるものを確認してみましょう。

不向きな樹木① キョウチクトウ

焚き火用 薪

キョウチクトウはすべての部位に強い毒性があり、死亡事故も起きている危険な樹木です。煙にも毒が含まれているため、焚き火には使用しないでください。キョウチクトウは公園や庭園など身近にある植物で、細長い三角の葉っぱが特徴です。

花が咲いて育てやすいことから、観賞用としては人気な植物です。しかし、絶対に燃やしてはいけない樹木なので、薪を拾って使う方は必ず見分けられるようになりましょう。

不向きな樹木② ウルシ科の植物

焚き火 薪

ウルシ科の植物には「ウルシオール」や「ラッコール」という成分があり、樹液に触れるだけでもかぶれてしまいます。煙にもこの成分が含まれており、吸い込むと呼吸困難になる恐れがあるため、薪にしてはいけません。

薪に使ってもあまり燃えないので、いずれにしても焚き火には不向きです。ほかの植物と比べて紅葉が早く、秋口には葉が赤みを帯びているのが特徴。ただし、ウルシ科は種類が多く、知識がないと見分けにくいため注意しましょう。

不向きな樹木③ アジサイ

焚き火 薪

アジサイは、根や葉っぱに「アミグダリン」という毒が含まれています。薪として使うことは少ないかもしれませんが、焚き火に使用すると、食材に触れる可能性があるため注意が必要です。落ち葉などを焚き付け材として使ってもいけません。

飲食店で装飾用に使われたアジサイの葉を食べて、食中毒の症状が出た事例もあります。素手で触ると、成分が誤って口に入ってしまう可能性も。キャンプ地にアジサイがあっても見るだけにしておきましょう。

不向きな樹木④ ユズリハ

縁起のよい木として人気の高いユズリハですが、葉や実の部分に毒が含まれています。ユズリハは日本各地で見られ、剪定された枝や葉は、焚き火にちょうどよいと感じるかもしれません。また、葉が生え変わるため、焚き付け材として使ってしまう可能性もあるでしょう。

しかし、家畜がユズリハを食べて死亡した実例もあり、人間への影響もあります。焚き火に使う薪は食材に触れることもあるので、ユズリハの使用は避けましょう。大きな楕円形の葉っぱで、ブルーベリーのような実をつけるのが特徴なので参考にしてください。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事