キャンプシーンでちょっとしたブームをまきおこしている薪ストーブ。みなさんのなかにも薪ストーブを焚いて楽しんでみたいと思っているかたがいらっしゃるのではないでしょうか。薪ストーブを愛してやまない筆者が、つかいこなし術を徹底解説します。

薪ストーブがあたたかくなる仕組み

薪ストーブ 使い方

薪ストーブの使いかたに入る前に、どうして薪ストーブがあたたかくなるのか、その仕組みや原理についてわかりやすく解説します。

薪ストーブがあたたかくなる仕組み:一次燃焼

薪薪ストーブ 使い方

一次燃焼の炎

薪ストーブがあたたかくなるのは、薪を燃やすことで熱を発生させるからです。着火剤や薪などが直接燃える現象を一次燃焼と呼びます。

薪ストーブがあたたかくなる仕組み:二次燃焼

薪ストーブ 使い方

二次燃焼の炎

一次燃焼によりストーブ内の温度が徐々に上昇していきます。温度の上昇にともない一次燃焼していない薪の部分から煙がでるようになり、さらに温度上昇してくると煙が燃えはじめます。これが二次燃焼という現象です。

煙がストーブ内で燃えることで燃焼効率がよくなり、煙の排出量を抑えることができます。

薪ストーブがあたたかくなる仕組み:放射熱

薪の一次燃焼と二次燃焼により、ストーブ本体や煙突部分が高熱になります。このストーブ本体や煙突部分からの放射熱によって、さらにあたたかくなっていきます。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。