目覚めの一杯に、コーヒーを飲むという方は多いでしょう。そんな方に選択肢のひとつとしておすすめしたいのが、フェアトレードコーヒーです。生産地の人たちを応援できるフェアトレードコーヒーの、特徴とメリットをご紹介します。

フェアトレードコーヒーとは

フェアトレード コーヒー

フェアトレードコーヒーとは、公正・公平な貿易のもとで取引されているコーヒーのことです。生産地から適正な価格で輸入されたコーヒーのみが、消費国で販売されます。

一般的なコーヒーが消費者の手に渡るまでには、さまざまな業者がかかわっていることをご存じでしょうか。取引のあいだに入る業者が多いぶん、コーヒーには十分な対価が支払われないことがあります。苦労して作ったコーヒーが高く売れず、苦しい生活を送っている生産者も少なくありません。

フェアトレードとは、こうした生産地の人たちを支援する貿易です。たとえばあるフェアトレード団体は、コーヒーの買い付けや輸入のすべてを行います。取引の中間で発生するコストをはぶき、浮いた利益を生産者に還元する仕組みです。

貧困や格差を解決する手段のひとつとして、フェアトレードコーヒーは注目を集めていますよ。 

フェアトレードについては、以下の記事でもっと詳しく解説しています。

フェアトレードとは?フェアトレードで開発途上国の生産者を支援しよう!

フェアトレードコーヒーを選ぶメリット

フェアトレード コーヒー

フェアトレードコーヒーを購入することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。もう少し踏み込んで見ていきましょう。

  環境保護につながる

フェアトレードコーヒーを選ぶことは、環境保護にもつながりますよ。国際フェアトレード基準では、農薬の削減、有機栽培の推奨といった規定が設けられています。

さらに、フェアトレードの認証機関である世界フェアトレード機構は、流通の過程で再生可能エネルギーをつかうことを原則としています。フェアトレードコーヒーは、環境にやさしい飲み物といえますね。

出典:フェアトレードジャパン「国際フェアトレード基準」

SDGsに貢献できる

フェアトレード コーヒー

フェアトレードコーヒーを選ぶことで、SDGsの達成にも貢献できます。

SDGsとは、2015年に採択された国際目標です。世界中で起きているさまざまな課題の解決をめざして、17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsの17の目標のうち、とくにフェアトレードコーヒーと関係するのが、目標1「貧困をなくそう」です。コーヒーの生産地のなかには、貧困が深刻な問題になっているところもあります。

適正な価格で取引されているフェアトレードコーヒーを選ぶことで、生産地の人たちの生活を支援できますよ。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。