アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

寝袋のメンテナンスはどうしてる?寝袋を長く使い続けるためのコツや保管方法

寝袋のメンテナンスはどうしてる?寝袋を長く使い続けるためのコツや保管方法

カビを発生させない保管を!コツはある?

寝袋 メンテナンス

寝袋の保管はできれば収納袋に入れず、干しっぱなしにしておくことが理想です。

自宅に干すスペースがない時は、寝袋に添付されている収納袋へ畳んで入れるのではなく、大きめで通気性の良いバッグなどにふんわりと収納しておきましょう。その時の保管場所も押し入れやクローゼットではなく、風通しの良い場所がおすすめです。

また、収納する際はカビが発生しないように「カビ防止剤」や「湿気吸収剤」も一緒に入れておきましょう。筆者は、時々は袋から取り出し、広げて風にあてるようにしています。

風がない場合は、一定時間、扇風機の風を当てるのも効果的。食卓テーブルや椅子に寝袋をかけ、扇風機の風を1時間程度当てています。

こうすることで、あたたかさを持続させ、ふんわりとした使い心地になります。嫌な臭いがついたりカビの発生なども防止できますよ。

Kenko 乾燥剤 ドライフレッシュ スティックタイプ 6本入 シリカゲルタイプ 繰り返し使用可能 DF-ST106

ドライペット 除湿剤 ぐんぐん吸いこむ大判シート くりかえし再生タイプ 2枚入 押入れ クローゼット用 湿気取り

もしもカビが発生したらどうする?

寝袋 メンテナンス

もしもカビが生えてしまった場合、自宅で洗濯するだけではなかなか除去することは難しくなります。カビや染み抜きをしてくれるクリーニング店に相談してみましょう。

カビ取りを専門にしているクリーニング店なら寝袋もしてくれますが、その分費用がかかります。寝袋を買った時の価格や使用年数などと比較し、あまりに費用が高い場合は買い替えるという選択肢もありかもしれませんね。

寝袋のメンテナンスについて、キャンプ時と帰宅後に分けてご紹介しました。寝袋を使用したら必ず干して乾燥させるようにしてください。今回ご紹介したカビの発生を防ぐ方法や、カビが発生したときの対応も参考にして寝袋を大切に使いましょう。

キャンプ道具カテゴリの最新記事