ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ロードバイクやマウンテンバイクで大活躍!ビンディングペダルの基本と注意点について

ロードバイクやマウンテンバイクで大活躍!ビンディングペダルの基本と注意点について
   
いつかはビンディングペダルに、と思っても、少し不安ですよね。シューズとペダルを固定するビンディングは楽しさを広げてくれる半面、転倒の原因に。正しい知識と注意点を頭に入れ使いたいものです。ビンディングペダルの基本的な知識と注意点をまとめます。
   

ビンディングペダルとは

ビンディングペダル 注意点

ビンディングペダルとは、自転車のペダルの一種で、専用のシューズとペダルを固定して走るためのものです。

ロードバイクに乗っている人が、ペダルを漕ぐ前にカチッっと音を鳴らしているのを聞いたことがあるでしょうか。その音はペダルとシューズを固定するときの音です。

ビンディングペダルを使うと、ロードバイクやマウンテンバイクに乗る上で様々なメリットがあるので、乗り慣れてくると使い始めることを検討する人が多いアイテムです。

 

ビンディングペダルのメリットとデメリット

ビンディングペダル 注意点

ビンディングペダルには、それぞれメリットとデメリットがあるので、しっかりと双方を知ったうえで検討してください。

①ビンディングペダルのメリット

足とペダルを固定することによって、ペダリング時に引き足を使えるので、ペダリング効率が上がります。また、固定しているので足がペダルから滑らないというメリットがあります。

②ビンディングペダルのデメリット

足とペダルを固定しているので、停車時にうまく着脱できなければ転倒します。いわゆる「立ちゴケ」と呼ばれるもので、初めのうちはビンディングペダルを使っている人の誰もが経験します。

また、ビンディングシューズは、底面に固定するためのクリートと呼ばれるでっぱりが付いているため、歩きにくいというデメリットがあります。

 

ビンディングペダルの種類

ビンディングペダル 注意点

ビンディングペダルにはいくつかの種類があります。ペダルの種類に応じて、必要なビンディングシューズが異なりますので、購入時には注意してください。

ここでは主なビンディングペダルの種類を紹介します。

①SHIMANO SPDペダル

SHIMANO社が販売しているSPDという種類のビンディングペダルです。

主にマウンテンバイクに使われているペダルで、特徴としては、脱着がしやすいことや、専用のビンディングシューズに付いたクリートが小さいので、歩きやすいことが挙げられます。

ロードバイクに乗っている方でも、初めてで不安という人はこちらがおすすめです。こちらのペダルに併せてビンディングシューズを購入するときは、SPDペダル専用を買ってください。

PD-M530

シマノ EPDM530W PD-M530 SLX SPDペダル ホワイト クリート付属 [EPDM530W]

②SHIMANO SPD-SL

SHIMANO社が販売しているロードバイク向けに作られたビンディングペダルです。脱着のしやすいモデルから、スピードを求める人向けのモデルまで揃っています。

ロードバイクにスピードを求めるのであれば、こちらがおすすめです。また、ビンディングシューズはSPD-SL専用のものを買ってください。

PD-R550L

③LOOK

フランスの自転車メーカー「LOOK」が販売しているビンディングペダル、見た目はSHIMANOのSPD-SLと似ている、ロードバイク向けの商品です。

こちらもLOOKのペダルに対応しているシューズを購入してください。

Lookクラシック3

④SpeedPlay

キャンディーのような見た目ですが、プロレーサーも愛用するビンディングペダルです。値段は高いですが、軽量かつ調節もできるので、しっかり走りたい人にはおすすめのペダルです。

SpeedPlayスピードプレイ ゼロ

 

ビンディングペダルを使い始めるときに必要な物

ビンディングペダル 注意点

ビンディングデビューするためには、ペダルとシューズ以外にも必要なアイテムがあります。まず、ペダルを交換するために必要なペダルレンチと、ペダルの装着部分に塗るグリスです。

この2つのアイテムを使って、ペダルの交換を行います。交換については、自転車ショップに持って行くこともできますが、自分でやる場合はこの2つを併せて用意してください。

YC-156A

ビィンディングペダルPPL-1

そして、ペダルとシューズを固定するための「クリート」が別途必要なので、ペダルに合ったクリートを購入してください。

ビィンディングペダル

 

ビンディングペダルを使うときの注意点

ビンディングペダル 注意点

ビンディングペダルを使用する際のデメリットに、立ちゴケをしてしまう、ということがありましたが、サイクリング中に立ちゴケすると非常に危険です。

場合によっては、後ろから走って来た車と衝突、なんてこともありますので、ビンディングデビューする前に、安全なところでペダルの脱着をスムーズできるように練習をしてください。

ビンディングデビューするときは、誰もが不安を抱えるものなので、安全に使いこなすためにも練習が必要です。

芝生の公園など転んでも痛くない場所で、発進と停止を繰り返しやるのがおすすめです。

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 
 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 
 

まとめ

ビンディングペダルを使い始めるのは、どのサイクリストにとっても不安があるものです。しかし、しっかりとした知識を頭に入れて、練習を重ねれば、安全に楽しくビンディングペダルを使いこなすことができます。迷っているのであれば、ぜひビンディングを導入してみてください。

シマノ EPDM530W PD-M530 SLX SPDペダル ホワイト クリート付属 [EPDM530W]










ツーリング&キャンプカテゴリの最新記事