ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【イタリア・登山体験記】コモ湖周辺の山々が一望できる絶景スポット「パランツォーネ山」へトレッキング!

【イタリア・登山体験記】コモ湖周辺の山々が一望できる絶景スポット「パランツォーネ山」へトレッキング!
パランツォーネ山は、ミラノから70Kmほど北上した、標高1423mの山。美しいパノラマが楽しめる場所として、初心者からベテランにまで人気の登山スポットです。コロナ禍の気分転換に、筆者が行ってきましたので、体験をレポートします。

パランツォーネ山はコモとレッコの中間にある山

イタリア 登山

パランツォーネ山は、ラリオの三角形と呼ばれる地域にあります。このラリオの三角形というのは、逆Y字の形をしたコモ湖のYの上部の三角地帯のことで、この地域にはいくつもの山があり、サン・プリモ山に続き、2番めに高い山になります。

ミラノからは車で1時間半

ミラノからは、車で1時間半前後です。途中にはプジアーノ湖やセグリーノ湖など、いくつかの湖もあります。

湖の周りは遊歩道になっていて、散歩やサイクリングもできるため、家族連れやカップルにも人気のスポット。風光明媚なところですから、登山の後に立ち寄ってお茶を飲んだりするのにもぴったりです。

360度のパノラマが楽しめる

パランツォーネ山の魅力は、なんといっても、360度のパノラマを楽しみながら登山できることです。

登山といっても、山によっては、山頂だけ開けている場所だったり、登山道は山の中を歩くなど、あまり風景が楽しめない場合もあります。

それに対しパランツォーネ山は、山が開けた尾根を歩くため、360度すべてを見渡しながら登って行きます。

 

コースはアップダウン多めの尾根

イタリア 登山

今回歩いたのは、コルマ・ディ・ソルマーノ(Corma di Solmano)から山頂を目指すコース。しかしコースは、これだけではなく、少し短い、または長いコースもあるので、レベルにあったコースを選ぶことができます。

難易度は中級に近い初級

イタリア 登山
パランツォーネ山山頂

所要時間は、片道1時間半〜2時間で5kmの距離です。コルマ・ディ・ソルマーノ のパーキングは、標高1,122mにあり、1,423mの山頂まで標高差300mを登ります。

標高差はそれほどないのですが、いくつもの尾根が続いているため、アップダウンが多く、これが中級に近い初級といった理由です。

ほとんどは平坦な道ですが、少しきつめの登りがあったり、今度はそこから下がったり、滑りやすいザレ場もあるので、疲れやすい道といえるでしょう。

頂上から山小屋まで足を伸ばすのもおすすめ

山頂に着くと、そこには三角の記念碑があります。そこからは、コモ湖とその周りの美しい山々が見えます。

また天気がいいと、コモ湖付近の山だけでなく、その後ろにあるアルプス山脈で2番めに高いモンテローザという山も見えますよ。まだ余力があるなら、そこから少し下ったところにある、山小屋まで足を伸ばすこともできます。

私たちは小学生の子どももいたため、山頂について少し休憩をとり、帰途につきましたが、大人だけなら、ぜひ立ち寄って甘いものなどで休息をとりたいなと思いました。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事