アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

環境保護に欠かせない「アップサイクル」とは?関連用語も合わせて解説します

環境保護に欠かせない「アップサイクル」とは?関連用語も合わせて解説します

近年、アップサイクルという取り組みが注目され、環境保護などを促進するために世界中で行われています。ここでは、アップサイクルとリサイクル・リユースとの違いや、世界規模で推進されている環境保護対策の理念などについて解説します。

 

「アップサイクル」とは? 

アップサイクル

アップサイクルは、壊れて使えなくなったり、古くなったりして不要になった物をより価値の高いものへと生まれ変わらせる取り組みです。 

柔軟なアイデアで限りある資源を有効に使い、機能的でおしゃれな物づくりに活用していくことで、ゴミという概念をなくしていくことをコンセプトとしています。 

 

アップサイクルとリサイクル・リユースとの違い 

 アップサイクル

環境保護のための活動としては、以下の「3R(スリーアール)」が有名です。 

  1. 「リデュース(Reduce)」…余計なゴミが出ないように使う資源を節約すること。 
  2. 「リサイクル(Recycle)」…廃棄された物を加工して、再生利用すること。 
  3. 「リユース(Reuse)」…一度使用を終えた物でも、ゴミとして廃棄せずに再使用すること。

この中でもリサイクルとリユースは、アップサイクルの取り組みと似ている部分があり、区別が難しいと感じる方も多いと思います。 
  
これらの取り組みとアップサイクルとの大きな違いは、大きく分けて

  • 付加価値があるかどうか
  • 持続可能かどうか

の2つです。 
  
リサイクルの場合は、リサイクル前の物よりも品質や価値が落ちる場合が多いため、循環の持続が難しいことが弱点です。

リユースの場合も同様に、再使用するたびに物の価値は落ちていきますし、いずれは廃棄しなければならないので持続することができません。 このように、物の価値が下がっていく循環を「ダウンサイクル」といいます。 
  
それに対してアップサイクルでは、もともとの製品の良さを生かしながら、「より価値の高い物」へと生まれ変わらせます。 

  
例えば… 

  • もう着なくなった衣服の生地を雑巾として再利用する。 

衣服から雑巾と価値が下がっているため、「ダウンサイクル」 

  • もう着なくなった衣服の生地を利用して新しいドレスを作る。 

一度価値の下がった衣服をより価値の高いドレスへと生まれ変わらせているため、「アップサイクル」 

  
(本記事の終盤で、実際のアップサイクル製品の例をご紹介していますので、そちらも参考にしてください。) 

環境保護カテゴリの最新記事