ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ランニングのマスク代わりに「ワークマンのクールネックゲイター」をおすすめしたい理由

ランニングのマスク代わりに「ワークマンのクールネックゲイター」をおすすめしたい理由
ランニング時のエチケットとしてマスク着用が求められているなか、山中教授の提言もあり最近バフやゲイターが人気です。とくにこのところ、ワークマンのネックゲイターがかなり注目されているのをご存知ですか?その理由を探ってみました。
 

アウトドアブランドとして進化するワークマン

ワークマン クールネックゲイター

安価でありながら素材の良さや機能性の高さに目を付けたインフルエンサーのSNSがきっかけとなり、バイク乗りやアウトドア好きの間で話題になっているワークマン。

今回は、ワークマンのクールネックゲイターをランニング愛好家のみなさんへご紹介したいと思います。

ランニング中のマスク着用は暑苦しさや息苦しさなどが難点ですが、マスクの代わりとして最近ランニング愛好家の間で流行っているのがバフやゲイターです。

 

ワークマンのクールネックゲイターとは?

こちらのワークマン芸人の竹本カズキさんの動画でも紹介されているとおり、山中教授がジョギングする際に着用していると話題になった「バフ(buff)」というのはスペインのブランド名です。

一見、バフ(buff)やワークマンのクールネックゲイターは同じように見えますが、なぜクールネックゲイターが人気なのかを素材や機能面などから考えてみました。

バフ(buff)よりもお手軽価格!

一般的なバフ(buff)は3,000円以上するのに対して、ワークマンのクールネックゲイターはなんと300円台〜500円台と非常にお手軽価格で購入することができます。

素材や機能面ではバフ(buff)とあまり変わりません。

涼しい冷んやり素材を使用

気化熱を利用して冷却する素材が採用されており、息や汗が蒸発するときの気化熱を利用して冷却効果が得られます。暑苦しさを解消してくれるので、これからの季節にはぴったりの素材です。

洗って何度でも使える

ナイロンとポリウレタンの丈夫な混紡生地を使用しているため、何度でも洗い繰り返し使うことができます。また、吸湿速乾性能を備えているので水蒸気が付着して息苦しくなるのを防いでくれます。

紫外線をカットしてくれる

意外に紫外線を受けやすいのが首の後ろの部分です。ワークマンのクールネックゲイターはしっかり紫外線をカットしてくれるので、日焼けを防いでくれます。

いろいろな使い方ができる

縦長の筒状の形で伸縮性があるので、マスク代わりとしてだけではなく、頭につけて帽子やバンダナとして使ったり、夏場は首もとを冷やすクールネックとしてなど、さまざまな使い道があります。


ページ: 1 2
   
   

ランニングカテゴリの最新記事