アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

機能的でコスパ最強!ワークマンの雨具は登山に最適

機能的でコスパ最強!ワークマンの雨具は登山に最適
ワークマンでは作業用の服だけでなく、登山などアウトドア向けの雨具なども豊富に取り扱っています。ここでは、ワークマンで登山用品をそろえる魅力や、登山向けの雨具に必要な機能、そしておすすめもご紹介します。

ワークマンで登山用品をそろえる魅力は?

登山 雨具 ワークマン

ワークマンで、登山用品をそろえる魅力について、説明しましょう。

オリジナルブランドもあり種類が豊富

ワークマンといえば、作業用の服や小物などが有名ですが、それだけでなく、登山などのアウトドア向け商品や、スポーツ向けの商品もあり種類が豊富です。

軽量でいて、機能的、そしてデザイン的にもおしゃれな用品がいろいろとあります。

 機能が充実していてコスパがよい

ワークマンといえば、コスパがよいことでも知られています。登山用品は、防水性、透湿性、速乾性など、求められている機能が多く、専門店で購入すると、どうしても高額になりがち。

ワークマンなら、同じような品質の用品を、もっとリーズナブルな価格でそろえることができます。

 

登山用雨具の種類と必要な機能とは

登山 雨具 ワークマン

登山用にそろえたい雨具の種類や、必要な機能などをご紹介しましょう。

ウェアや小物などの雨具を準備する

登山に行くなら、下記の雨具を持っていくといいでしょう。

ウェアレインウェア、レイングローブ
小物ザックカバー、防水バッグ

山の天気は、変わりやすいため、たとえ晴天でも雨具の用意は必要です。とくに、レインウェアは、ザックもすっぽり覆えるポンチョタイプや、上下セパレートになっているタイプ、ジャケットタイプなどがあります。

そのほか、グローブや、バックパックを覆うザックカバーや、濡れないような防水バッグなどもあると便利です。

防水性、透湿性は最低限必要な機能

雨具に最低限必要な機能というと「防水性」、「透湿性」などがあげられます。強い雨でも通さない防水性は、耐水圧という数字で表されます。登山では、10,000〜20,000mmの耐水圧が最適。

数字が高いほうが、それだけ雨を通さないということですが、その分ムレやすかったり、動きにくいということも。

また、透湿性というのはムレにくさや、ベタベタになりにくさを表していて、登山には最低でも透湿度8,000g/㎡/24h以上がおすすめです。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事