アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

「ワークマンアルミテーブル」は機能もコスパも抜群で初心者から上級者までおすすめ!

「ワークマンアルミテーブル」は機能もコスパも抜群で初心者から上級者までおすすめ!
昨今のアウトドアブームでキャンプ業界に参入するメーカーが増えています。なかでも注目されているのが、作業着や作業用品などでおなじみのワークマンです。今回はワークマンから発売され、機能性とコスパが最高と話題のアルミテーブルを2つご紹介します。

「ワークマンアルミテーブル」のスペックと特徴

ワークマン アルミテーブル①

ワークマンアルミテーブルは、折り畳み式のローテーブルで、ワークマンのアウトドアブランド・FieldCoreから販売されています。基本スペックは以下の通りです。

サイズ収納時:幅約400㎜×奥行き約71㎜×高さ約73㎜
展開時:幅約400㎜×奥行き約298㎜×高さ約128㎜
素材アルミニウム合金
耐荷重最大30㎏
付属品収納袋 ゴムバンド
カラー展開ブラウン ネイビー ブラック

まず、いちばんの特徴としてはその価格。980円というコストパフォーマンスのよさです。

このような折り畳みタイプのローテーブルの価格帯は2,000円~4,000円程度のところが多く、1,000円以下の価格はとてもお手頃です。

マニュアルを見ながら組み立てられる

ワークマン アルミテーブル②

組み立て手順は、慣れると数秒でできてしまうほど簡単。マニュアル説明書もついているので、キャンプ初心者や小学生くらいの子どもでも組み立て可能です。

【組み立て手順】

  1. 袋から出し、ゴムバンドを外して裏返しに天板を広げます
  2. 両端についている金具をボルトから外します
  3. 90℃回して対角にあるボルトにはめ込みます。
  4. 足を広げます

キャンプメーカークオリティ!カチッとはまる感じが気持ちいい

ワークマン アルミテーブル③

組み立てるときはきしんだりせずとてもスムーズ。ボルトに金具を取り付けるときも、カチッとはまります。

安価な価格帯のキャンプギアにありそうな、きしみや歪みなどもないので、キャンプメーカーと同レベルの品質と言えるのではないでしょうか?

 

「ワークマンアルミテーブル」使ってみた感想

ワークマン アルミテーブル④

ワークマンアルミテーブルはロータイプの折り畳みテーブルなので、ローチェアを使用してのキャンプにぴったり。

大きさはソロキャンプならメインテーブルとして使用可能なサイズ感です。ファミリーキャンプならサイドテーブルとしての使い方もおすすめです。

脚幅が広く安定している

ワークマン アルミテーブル⑤

脚の部分は幅が広く安定しているので、地面の上で使ってもぐらつかず問題なく使用できます。天板もフラットな状態なので、食器をおいても滑り落ちるということはありません。

アルキド樹脂加工で滑りにくく汚れもつきにくい

テーブルの素材はアルミですが、アルキド樹脂加工をほどこされているため、汚れがついてもサッと拭き取ることができます。

すこしザラザラとした表面は、置いてあるものを滑りにくくしてくれるのでタンブラーなどをおいても滑らずに安定します。

カラーバリエーションもブラック・ブラウン・ネイビーの3種類と豊富です(写真はネイビー)。

※ワークマンオンラインショップではWEB限定のアルミテーブルが販売されていますが、脚の形が異なります。記事と同じものをお求めの際は店舗の在庫をご確認ください。

ワークマンオンラインショップ WEB限定アルミテーブル

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事