ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

SUPを漕ぎながら水分補給ができるハイドレーションに注目!!

SUPを漕ぎながら水分補給ができるハイドレーションに注目!!
   
SUPでは、特に暑い季節や長距離走行時などでの水分補給は大きなテーマ。そんなときに威力を発揮するのがハイドレーションです。すでにさまざまなアウトドアでの活動で利用されていますが、SUPにも最適なシステム。今回はこのハイドレーションについて解説します。
   

ハイドレーションとは

SUP ハイドレーション

ハイドレーションとは、ペットボトルなど水分が入った容器を、バッグから取り出さなくても飲めるシステムのことです。

水分を入れた容器には飲み口がついたチューブが取付けられており、それをリュックやバックパックに入れてチューブだけ外に出しておく仕組みで、それをショルダーベルトなどを利用して口元に固定し、あとは必要に応じて飲み口から水分補給ができるという便利なシステムです。

ハンズフリーなので動きを妨げることなく、こまめな水分補給を好きなときにできるシステムとして、トレイルランや自転車レースなどでは、以前から使用されているものです。

最近では、熱中症や脱水症の防止のため、一般的な登山やトレッキングなどにも利用されています。

ハイドレーションのルーツは、1988年アメリカのひとりの救急隊員が輸血用パックに輸血用チューブをつなぎ、それを生地に縫い付けた水分補給装置に由来します。

そのため水分を入れる容器は今でもソフトパックが主流で、中身が空になるとコンパクトになることから、水筒の代わりに使う人も増えています。

 

SUP利用ならではのハイドレーション選び方

SUP ハイドレーション

ハンズフリーの水分補給システムとして、さまざまな陸上のアクティビティで利用されているハイドレーションですが、レースをはじめ、ロングクルージングなど長時間水上にいるSUPでは、ハンズフリーの水分補給が必要になります。

そこで、SUP利用ならではのハイドレーションの基礎知識と選び方をご紹介します。

ハイドレーションの基礎知識

ハイドレーション本体は、飲み口付きのチューブが連結したウォーターパック(ウォーターリザーバー)で、その容量は1.5〜2ℓのものが主流です。

飲み口は吸引タイプだけでなく、噛むだけで少量の水分が出てくるタイプもあります。

登山やハイキングなどでは、背中に背負ったバッグにハイドレーション本体を入れて使用します。

また、トレイルランや自転車の長距離レースなどでは、ハイドレーション専用バッグやケースを直接背負って使用します。

水上アクティビティのSUPならではの事情

水上がメインの使用場所となるSUPの場合は、陸上の場合とは少し事情が異なります。まずSUPは、必ず水に濡れるという前提があります。

また、登山・ハイキングやサイクリングとは異なり、基本的には荷物の入ったバッグを背負って水上には出ません。

その上、ライフジャケットを着用するため、必要以上に装備が増やし、動きに支障をきたすことは避けたいといった事情もあります。

そのため、どうやってハイドレーションを収納し携帯するのかが課題となるのです。SUPでハイドレーションを利用する場合は、これらの課題をクリアする必要があります。

リザーバー付のバックパックがおすすめ

そこで注目したいのが、ハイドレーションのリザーバーセットが付属したバックパック。

言い換えるとバッグ(ケース)付きハイドレーションで、主にマラソンランナーやサイクリストに愛用されているタイプです。

このタイプならば収納バッグとリザーバーセットをそれぞれ別々に揃える必要がなく、チューブも口元に固定できるようになっているため、SUPには最適です。

なお、ライフジャケットの購入を検討している場合は、ハイドレーション対応のジャケットを選んでおけば安心です。

 

SUPに最適なハイドレーション

SUP ハイドレーション

SUP用におすすめのハイドレーションシステムは、リザーバーとバックパックの一体型ハイドレーションとハイドレーション対応のライフジャケットの2タイプです。

CAMELBAK OCTANE DART 1.5ℓ

CAMELBAK OCTANE DART 1.5ℓフィット感が高く、SUPに適した1.5ℓリザーバー型ハイドレーションです。ポケットとリザーバー室からなり、荷室もあるため必要最低限の荷物の収納が可能なことも魅力。

動きの邪魔にならず、SUPの短距離レースや短時間のトレーニング、クルージングなどに最適です。

さらに、その他のマリンスポーツをはじめ、様々な用途・場面でも活躍します。

WILSON PAC HYDRATION RESERVOIR 1.8ℓ+ON’S COMPANY SUP JACKET

SUP ハイドレーション
出典 ON’s Company

ON’S COMPANYのSUP JACKETは、WILSON PACの1.8ℓリザーバーを収納できるデザインで、ライフジャケットとハイドレーションを一体化させることが可能です。



ヴィクトリア

まとめ

SUPはハードに楽しまなくても意外と水分を消費し、脱水状態になりやすいスポーツです。水と触れ合うので水分不足を感じにくいという面があるため、漕ぎながらでもストレスなく適切に水分補給ができるハイドレーションを積極的に活用して、脱水や熱中症の予防に努め、そして思う存分SUPを満喫してください。

SUPカテゴリの最新記事