アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

登山での水分補給には登山用ハイドレーションを

登山での水分補給には登山用ハイドレーションを
みなさんは登山のとき、どうやって水分補給をしていますか。いちばん多いのはペットボトルや水筒などですが、最近はハイドレーションを使っているという登山者も増えています。今回は、ハイドレーションの使いかたや選びかたについて紹介します。

登山用ハイドレーションとは

登山 ハイドレーション

ハイドレーションとは、柔軟性のある容器に水などを入れて、吸引チューブを使って水分補給ができるアイテムです。ザックの中に入れておき、本体から伸びるチューブを出して使用します。

飲み物を取り出す手間が省ける

登山用ハイドレーションがあると、いちいち背負っているザックをおろして、ペットボトルや水筒を取り出す手間がいりません。

とくに富士山のような登山者の行列ができるような山では、立ち止まることが困難なので、ハイドレーションがあると、とても便利です。

中身は自由!水やスポーツ飲料でも

登山用ハイドレーションの中身は、水でもスポーツ飲料でもかまいません。自分が水分補給に使用したい液体を入れて持ち運ぶことができます。

登山用ハイドレーションのメリット

登山 ハイドレーション

登山用ハイドレーションを使うメリットは、どのようなことでしょうか。

登山をしながら水分補給ができる

登山用ハイドレーションを装備していると、登りながら水分補給ができます。また、両手がふさがらないので、難所を登っているときなどには安全対策にもなるでしょう。

荷物がかさばらない

ハイドレーションは袋状をした柔軟な素材でできているので、形を自在に変えてザックのすき間を埋めます。飲んだら飲んだ分だけ軽くなり、最後はコンパクトに丸めておけるので、荷物がかさばりません。

適度なスピードでほどよい量の水分補給がおこなえる

チューブを使って水分を摂取するので、飲み過ぎることが少なく、ほどよいスピードで水分補給ができます。こまめに水分補給をすることは、登山中のバテを予防することにもつながります。

ページ: 1 2 3
   
   

登山カテゴリの最新記事