半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

重さも苦じゃない!一眼レフカメラで山の絶景を撮影しよう!

重さも苦じゃない!一眼レフカメラで山の絶景を撮影しよう!
   
一眼レフカメラで山のきれいな景色を撮影したいけれど、重くてかさばるので何か良い解決策はないだろうか?とお思いの方は多いはず。そこで今回は、登山におすすめしたい一眼レフカメラと、安全に軽々と持ち運ぶことができるアイテムを紹介していきます。
   

登山で美しい写真を撮るなら一眼レフカメラ

登山 一眼レフカメラ

 

登山の際に、多くの人が景色や仲間の写真を撮ると思います。

近年は、スマートフォンで撮影をする人が増えていますが、一眼レフカメラを持参する人も多くいます。

普段、一眼レフカメラをつかわない人は、「なんであんなに大きくて重たいカメラを山に持っていくの?」と、不思議に思うことでしょう。

しかし、一眼レフカメラをつかえば、デジタルカメラやスマートフォンとはまったくレベルの違う、美しい写真を撮影できるのです。

 

 

一眼レフカメラは重くて持ち運びが難点

山の爽やかな空気感まで鮮明に切り取ってくれる一眼レフカメラですが、重くて持ち運びに不便なところが最大の難点ですよね。

山の足場は悪いし、一眼レフカメラを濡らしたくないので天候も心配です。

そのため「一眼レフカメラの持ち運びに便利なアイテムはないか?」と探す人も多いことでしょう。

そんな人には、安全性と機動性を兼ね備えた、チェスト型の防水バッグやカメラクリップなどがおすすめです。

 

 

登山で一眼レフカメラを携帯するときの注意点

登山 一眼レフカメラ

 

山へ一眼レフカメラを持っていくときの注意点をまとめました。

チェックしてから商品を選ぶと良いでしょう。

 

雨対策は絶対条件

一眼レフカメラを携帯して登山するときには、天候に注意しなくてはいけません。

防水機能を備えたカメラバッグに入れて携帯すれば、雨が降っても安心です。

 

転倒しても壊れない対策

足場が悪くて、転倒したときに高価な一眼レフカメラを壊してしまった…ということも山ではよくあることです。

山での転倒はしりもちをつくことが多いので、転んでも壊れにくい場所(背中側ではなく胸あたり)に、カメラクリップなどで固定しておくと良いでしょう。

 

落下防止の対策をしっかりしよう!

一眼レフカメラを落としてしまって、下の登山客に直撃!といった事故だけは絶対に避けなくてはいけません。

一眼レフカメラをカメラクリップに装着したり、カメラバッグに入れたりするときには、必ずストラップでカメラとザックをしっかりつないでおくことが大切です。

 

 

登山におすすめの一眼レフカメラをご紹介

登山 一眼レフカメラ

 

登山に持っていく一眼レフカメラは、雨や衝撃に強いタイプのカメラがおすすめです。

登山におすすめの一眼レフカメラを以下で紹介していきます。

 

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-70 DA18-135mmWRレンズキット

ペンタックスK-70は、埃や水滴に強い防塵・防滴仕様です。

バリアングルモニター(自由自在に角度が変えられるモニター)が付いているため、足場の悪い山でもさまざまな体勢で撮影することができます。

視野率約100%光学ファインダーを搭載しており、暗い場所でも撮影可能。まさに登山用に開発されたような一眼レフカメラです。

キャンプやアウトドアシーンなどでも大活躍してくれそうですね。

 
PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-70

PENTAX K-70 18-135WRキット ブラック [デジタル一眼レフカメラ(2424万画素)]

 

Canon キャノン 一眼レフ EOS Kiss X7 ダブルズームキット

本体重量約370gと、一眼レフカメラの中ではとても軽いEOS Kiss X7。

重さだけでなく、ボディ自体の大きさもとてもコンパクトになっています。

望遠ズームレンズがセットになっているので、遠くの景色も鮮明に撮れます。

登山に携帯するのにぴったりの一眼レフカメラです。

 
Canon キャノン 一眼レフ EOS Kiss X7

【送料無料】Canon EOS Kiss X7i ダブルズームキット デジタル一眼レフカメラ

 

 

登山におすすめの一眼レフカメラ携帯アイテムをご紹介

登山 一眼レフカメラ

 

カメラクリップ

ピークデザインキャプチャクリップv3ブラック

山岳写真家の間で、注目アイテムとして知られているカメラクリップです。

このカメラクリップがあれば、重たい一眼レフカメラをザックのショルダベルトに装着することができます。

重たい一眼レフカメラを持つ必要がなく、両手がフリーになるので、鎖場やハシゴを登るときにとても便利なアイテムです。

また、カメラがぐらつかないので、登山する際の体勢も安定します。

 
PeakDesign ピークデザイン キャプチャー ブラック CP-BK-3

 







登山カテゴリの最新記事