アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

スペイン自転車界におけるアンダー23のチームの役割とは

スペイン自転車界におけるアンダー23のチームの役割とは
   
ヨーロッパの自転車界は、プロになるまでいくつかの年齢別に区切られた段階があります。そんなアマチュアサイクリストとして最後の段階に当たるのが、スペインで「サブ23」と呼ばれるアンダー23のチームです。今回は、そんなスペイン自転車界におけるアンダー23のチームの役割を、スペイン・アラゴン州に本拠地を置くチームのプレゼンテーションの現場から考察したいと思います。
   

スペインの自転車選手育成の年齢別段階

スペイン自転車アンダー23

 

スペインで、子供たちが自転車を乗れるようになると、一番最初に行くのが「エスクエラ・デ・シクリズモ」と呼ばれる場所です。

これは、スペインの町や村に数多くある「自転車教室」とでも言うべき場所で、その拠点となるのは、スペインの町のあちこちにある自転車屋さんです。

多くの「エスクエラ・デ・シクリズモ」では、週に2回練習日があります。

ここで、だいたい6歳ぐらいから自転車に乗ることを学び始めます。

6歳の子供たちのレベルは様々。

補助輪つきで自転車に乗る子供もいれば、すでに補助輪なしですいすい乗ることができる子供もいます。

子供たちは最初に、「走る」「曲がる」「止まる」といった自転車の基本を徹底的に学びます。

しかし、その方法は、遊びを含めたなかなか楽しいものです。

プロの自転車選手のように、給水ボトルの受け取り方法なども練習します。

その基本をマスターすると、実際に道路を走ることになります。

このような「エスクエラ・デ・シクリズモ」に所属するのは14歳ぐらいまで。

15歳以降になると、それぞれの年代の「チーム」に所属し、レースをすることになります。

15歳~16歳のチームは「カデーテ」、17歳~18歳のチームは「ジュニア」、19歳~23歳のチームは「サブ23」と分類されます。

その年代により、レースの距離はもちろん、レースに使うことができる自転車のギア比なども、スペイン自転車連盟によって指定されており、子供たちの肉体的な発達に合わせる形になっています。

 

 

 

 

スペインのアンダー23のチーム「ラ・トバ・アセンソル・アルムドバル」

スペイン自転車アンダー23
ハイメ・カストリィーリョ選手とラ・トバ・アセンソル・アルムドバルのサイクリストたち。

 

今回取材をお願いしたのは、「ラ・トバ・アセンソル・アルムドバル」というサブ(アンダー)23の自転車チーム。

スペイン・アラゴン地方に本拠地を置く、設立4年目のまだ若いチームです。

このチームの総監督はアドリアン・バルセロ氏。

昨年30歳になったばかりの、まだ若き青年監督です。

彼のチームの2019年のチームプレゼンテーションを取材しました。

会場はこのチームのスポンサーの一つでもあるボデガ・ソモス。

今年のラ・トバ・アセンソル・アルムドバルでは、イギリス人選手3人、アルゼンチン選手2人、コロンビア人選手1人を含めた合計18人が所属しています。

プレゼンテーションでは、選手一人一人の名前とバックグラウンドが簡単に紹介されます。

その後、様々なスポンサーの紹介がされたあと、アラゴン州出身のプロの自転車選手であるフェルナンド・バルセロ選手(エウスカディ・バスク・カントリー・ムーリアス所属)がビデオメッセージを選手たちに送ります。

その後、会場に駆け付けたハイメ・カストリィーリョ選手(モービースター・チーム所属)が、選手たち一人一人の顔をみながらメッセージを送りました。

選手たちはみな真剣な表情で、2人のプロ選手からのメッセージを聞いていました。

ちなみに、フェルナンド・バルセロ選手はこのチームの監督の弟さんです。

 

 

アンダー23のチームの役割・バルセロ監督のスピーチから

スペイン自転車アンダー23
バルセロ監督

 

プレゼンテーションの最後に、バルセロ監督が登壇し、4年前にチーム設立にいたった経緯と、今年のチームの目標について話し始めました。

「実は十数年、アラゴン州にはアンダー23のチームが全くない時期がありました。

だから、ジュニア世代にどんなにいい成績を出しても、19歳で競技を辞めなくてはいけない選手がたくさんいました。

また、スキーや陸上など他の競技から自転車レースに転向したい選手も数多くいたのですが、彼らを受け入れる自転車チームというのが、アラゴン州にはなくて。

そうした現状を見ていて、「これは何とかしなくては」と思ってこのチームを立ち上げたのが、4年前のことです。

当初は、メカニックやマッサージャーもいない中でのスタートでした。

幸いなことに、現在は多くのスポンサーの方々のご協力もあり、年々選手の層も厚くなっています。

また、スペイン以外でのレースに出場することも珍しくなくなってきました。

でも、選手同様、僕たちスタッフもまだまだレース経験を積んでいかなくてはなりません。

本日この場にお越しいただきましたハイメ・カスティーリョ選手をはじめとして、最近はアラゴン州出身の自転車選手が、ヨーロッパのトップクラスのレースで活躍しています。

彼らの後に続く選手をこのチームから送り出すことが、僕の目標です」

 

 

ラ・トバ・アセンソル・アルムドバル チーム公式WEBサイト

 

 

 

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

プロの自転車選手となるためのへ最後の足がかりともいえる、自転車のアンダー23のチーム。このレベルのチームに所属することが可能な選手は、次の段階へ進む足がかりがはっきり見えてくると同時に、その難しさというのも目の当たりにすることになります。またアンダー23のチームが、自転車レースについて学ぶ、最初で最後の機会となる選手も意外と多いのです。バルセロ監督のスピーチは、そのようなこの世代の選手育成の難しさと将来への希望を現したものであるように思えました。

ロードバイクカテゴリの最新記事