アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

夏山登山での注意点【5つのポイントと持っていくべきアイテム】

夏山登山での注意点【5つのポイントと持っていくべきアイテム】
山が賑わう夏。低山から3,000m級のアルプスまで、多くの登山客が訪れます。登山客が増えると同時に多くなるのが、さまざまな事故です。ケガなく夏山登山を楽しむために、注意点や対策を確認しましょう。持っていくべきアイテムもご紹介しますよ。

夏山登山で気をつけたい5つのこと

夏山登山 注意点

夏は挑戦できる山が増え、登山のスキルアップをするチャンスですよね。だからこそ、夏の登山に潜むリスクを確認し、事故なく楽しみたいものです。夏山登山で気をつけたいことを5つ挙げて説明します。

夏山登山での注意点①道迷い

どの季節でも気をつけなければならないのは、道迷いです。登山中、足元ばかりに気がいったり、おしゃべりに夢中になったりすると、標識や目印のリボンを見落としてしまいます。事前に地図をチェックし、こまめに地図アプリを確認しましょう。

道から外れたら面倒だと思わず、正しい道まで引き返します。道に迷ってしまったときのために、下記にある緊急時の対応もチェックしてくださいね。

登山で遭難してしまったら?緊急時の対応を解説

夏山登山での注意点②服装

夏山での服装は、レイヤリング(重ね着)が大切です。暑いからといって半袖に短パンだと、虫刺されや過度の日焼けが心配。小枝などでケガをすることもあります。半袖のときにはアームカバーをつけて、短パンにはスパッツを合わせ、なるべく肌の露出を減らしましょう。

アンダーウェアは速乾性や接触冷感のあるものを着ると、暑さ対策になって快適です。汗冷え対策にもなりますよ。

また、標高が高くなると夏でも寒くなるので、フリースや防風のアウターで重ね着しながら調節しましょう。下記の記事では、ベースレイヤーの選び方や、気候変化での服装についてまとめているので、参考にしてくださいね。

夏の山登りの服装で大切なベースレイヤーの選び方とおすすめについて徹底解説!
夏登山の服装とは?夏登山では2つの気候変化に備えよう

夏山登山での注意点③天候の変化

夏山は午後になると雲が発達しやすくなります。大気の状態が不安定なときは、積乱雲が発生しやすく、急な大雨や雷になることも。夏の登山は行動時間が長くなるので、時間ごとの天気を調べておきましょう。

また、急な雨などで心配なのが低体温症です。雨が降ってきたらレインウエアを着て、体や荷物を濡らさないようにします。下記の記事では対処法もまとめてあるので、チェックしてみてください。

登山で気をつけたい低体温症の対策
夏山こそ低体温症に注意!症状がでたときの対処法

夏山登山での注意点④熱中症

夏山登山 注意点

夏山では登山中の熱中症が増えます。熱中症は手足がしびれたり、めまいや頭痛、吐き気がしたりするのが特徴。ひどい場合は動けなくなるので危険です。

対策としては、登山前に食事と水分をしっかりとってください。また、帽子をかぶり、のどが渇く前にこまめに水分とミネラルを補給しましょう。経口補水液を持っておくのもおすすめです。

登山中、もし熱中症の症状が出た場合は、日陰で休み、脇の下や首の裏を濡らしたタオルなどで冷やします。早めの処置が大切です。

夏山登山での注意点⑤虫刺され

夏の低山や樹林帯には、多くの虫が発生します。スズメバチ・アブに刺されると、強い痛みや痒みをともなうため大変です。とくにスズメバチは、アナフィラキシーショックにより、生死に関わるため注意しましょう。

応急処置ができるように、ポイズンリムーバーや軟膏を持っておくことをおすすめします。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事