アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【2022年版】夏の東北エリアで登山に行くならここ「6選」

【2022年版】夏の東北エリアで登山に行くならここ「6選」
東北エリアは、日本百名山などにも含まれる、登山に最適な山が多いです。初心者から上級者向けまでレベルや時間にあったコースを選択できます。ここでは東北エリアの山の特徴や夏山登山にピッタリなおすすめをご紹介します。

東北エリアの山の特徴

東北 登山

東北にある山の特徴を説明しましょう。

日本百名山など絶景が多い

東北地方の中央には、青森から福島、栃木県までに至る奥羽山脈(おううさんみゃく)があります。そのため、日本百名山などにもあげられる名山や、絶景が多い登山スポットとしても有名です。

霊場などの山も多い

青森には、日本三大霊場の恐山や八甲田山などもあります。霊場恐山は修行する人やお遍路さんなどが行く霊場のため、登山向けではありません。

八甲田山は日本百名山のひとつで、八甲田雪中行軍曹難事件があった場所としても知られています。

 

青森・秋田・岩手エリアの夏山のおすすめ

東北 登山

東北エリアの中でも、まずは北から順番に3つのエリアのおすすめの山をご紹介します。

 青森県 八甲田山

雪深い場所としても有名な八甲田山の夏は、ミズバショウが美しいことでも知られています。コースは、初中級の縦走ルートや周遊ルートなど、さまざま。

おすすめは八甲田ロープウェイの山頂から出発して下りが多い、毛無パラダイスライン。初心者も自然を満喫できます。

コース名毛無パラダイスライン
所要時間約2時間30分(往復)
難易度初級
アクセス青森駅よりJRバスにて酸ヶ湯温泉経由八甲田ロープウェー駅前下車

 岩手県/秋田県 八幡平

東北 登山

八幡平は、名前の通りなだらかで、岩手県と秋田県の間に位置する1,614mの山。特徴は、美しい湖が多いこと。

その中でもドラゴンアイと呼ばれる「鏡沼」の雪解けの様子は、龍の目のように見えることから、人気のスポットとなっています。

この現象が見られるのは、5月〜6月の雪解け時期限定ですので、防寒具なども用意して、情報を確認しながら見に行くのがおすすめ。

コース名ドラゴンアイ・頂上一周コース
所要時間約2時間(1周)
難易度中級
アクセス東北自動車道「松尾八幡平IC」より25.8km

 岩手県 早池峰山

東北 登山

早池峰山は北上山地の最高峰で、標高1,917mの山。ハヤチネウスユキソウなど200種類以上の高山植物の宝庫で、日本百名山と花の百名山に選ばれています。

登山道は、岩場や浮石などが多いのが特徴。小田越コースは、鎖場やはしご場などがあるコースで、難易度が高めと思われがちですが、ゆっくり登れば初心者でも楽しめますよ。

コース名小田越コース
所要時間約3時間(片道)
難易度初・中級
アクセスJR東北新幹線新花巻駅から岩手交通バスで小田越バス停下車
ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事