アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

憧れの灯油ランタンのメンテナンスと長く愛用するためのポイント

憧れの灯油ランタンのメンテナンスと長く愛用するためのポイント
灯油ランタンはそのあかりが魅力。LEDランタンなどと違いお手入れなどに多少の手間がかかりますが、長く使い続けることで愛着がわき、キャンパーの間でも人気のランタンです。灯油ランタンの魅力や種類、メンテナンス方法について詳しくご紹介しましょう。

誰もが憧れる灯油ランタンの魅力とは?

灯油ランタン メンテナンス

灯油ランタンは風に強く、気温が低くても比較的着火が安定しているランタン。誰もがランタンをイメージする、おしゃれでレトロなデザインも人気です。

灯油を入れ、ガラスでできた「ホヤ」を少し持ち上げ、下からライターやマッチなどで着火します。着火するとシューッという灯油ランタン独特の音。

少しずつ暗やんでいくキャンプ場で、音とともにランタンの輪郭が少しずつはっきりとしてくる様子は、とても魅力的です。

灯油ランタンにも種類があり、ひとつだけではメインのあかりにならないものもあります。

しかしLEDランタンが流行し重宝されるなか、柔らかな光を好む人や自然と調和する眺めをあかりと一緒に愛でたいなど、キャンプの雰囲気を楽しみたい人にもぴったりです。

 

灯油ランタンは2種類

灯油ランタン メンテナンス

燃料が灯油のランタンには加圧式とフェアーハンド式(非加圧式)の2種類があります。それぞれの特徴や使い方をご紹介しましょう。

加圧式灯油ランタンとは

灯油ランタン メンテナンス

加圧式灯油ランタンとは、灯油の入っている部分についているポンピングノブを出し入れすることで空気を送り込み、圧力をかけてタンク内部の灯油を送り出し、点灯する仕組みのランタンです。

ポンピング前の確認作業として以下のことをおこないます。

  • マントルを取り付けるノズルと、その先のガスチャンバーをしっかり閉めておくこと
  • マントルを装着すること
  • ニップルの閉まり具合を使う都度確認をし、しっかりドライバーでしめること

上記を確認したら灯油を入れ、30回前後ポンピングします。圧力計をよく確認し、圧力をかけすぎないように気を付けましょう。

その後、取り付けてあったマントルへ火を点け、火力の調節を見てさらにポンピングしましょう。
これで安定して点灯します。

フェアーハンド式(非加圧式)灯油ランタンとは

灯油ランタン メンテナンス

フェアーハンド式灯油ランタンとは、ポンピングなどで加圧をしない灯油ランタンのことを言います。

アルコールランプのような構造になっているので、灯油が染み込んだ芯に炎が灯る、優しいあかりのランタンです。フュアーハンドランタンまたは、ハリケーンランタンとも言います。

強風に強く消えにくいので安定して使用できますが、メインのあかりにするにはもの足りないのでテーブルの上に置き、雰囲気を楽しむあかりとしておすすめです。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥22,800 (2022/05/19 07:35:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ペトロマックス(PETROMAX)
¥36,000 (2022/05/19 07:35:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
フュアーハンド(FEUERHAND)
¥5,050 (2022/05/19 07:35:56時点 Amazon調べ-詳細)

キャンプ道具カテゴリの最新記事