驚異のロフト回復力!TOKOの「ECOダウンウォッシュ」がすごい!

Greenfield

驚異のロフト回復力!TOKOの「ECOダウンウォッシュ」がすごい!

世界的ワックスメーカーTOKOは、ウェアをメンテナンスするための「ケアライン」を販売しています。今回はこのケアラインから、ダウン用洗剤「ECO ダウンウォッシュ」を試す機会を頂いたので、早速ダウンジャケットを洗ってみました。洗い方の手順から、驚きのビフォーアフターまで、リアルにレビューしたいと思います!

ダウンって自宅で洗えるの?

ダウンは自宅で洗えないから、クリーニングに出しているという人は多いのではないでしょうか。

ダウンのクリーニングは料金がかなり高く、毎年バカにならないですよね。

 

 

実は、ほとんどのダウン製品は、自宅で洗うことができます。

しかも、普通の洗濯同様に、洗濯機で簡単に洗えるんです。

ダウンを自宅で洗濯するには、ダウン専用洗剤を買うだけで済みますから、クリーニング代がかなり節約できますし、汚れや臭いが気になったときに、すぐ洗うことができますよ。

表地や裏地がポリエステルやナイロン、コットンなどの場合は、洗濯機マークや手洗いマークが付いていなくても、だいたい洗濯可能です。

ただし、シルクやレザーなどの特殊な生地を使ったダウン製品は、自宅での洗濯は避けた方がいいでしょう。

ワンシーズン着たダウン製品は、一見きれいに見えても、汗や皮脂、ホコリなどで結構汚れているもの。

シーズンが終わったら、必ず洗濯をしてからしまうようにすることが、ダウン製品を長持ちさせるコツです。

 

 

TOKOの「ECO ダウンウォッシュ」とは

ダウンを自宅で洗濯するには、ダウン専用洗剤の使用がおすすめです。

中性洗剤でも洗うことはできますが、ダウン専用の洗剤は、ダウンの油分を取りすぎることなく、ダウンのロフト(かさ)を回復させてくれる性能があります。

また、一般の洗剤には蛍光剤や漂白剤、柔軟剤が含まれていることも多く、これらはダウンを傷めたり、ロフトを損なう原因になってしまいます。

 

今回試させて頂いたTOKOのECO ダウンウォッシュは、ダウンの機能性を阻害するこうした成分は一切含まない、ダウンや化繊中綿製品専用の洗剤です。

弱アルカリ性なので、ダウンジャケットやシュラフ内部に付着した汗汚れをスッキリと落としてくれます。

また、ECO ダウンウォッシュは、OECD(経済協力開発機構)のテストガイドラインに沿い試験された、環境に配慮された製品です。

環境と健康への安全性を厳しく審査するブルーサインの認定を取得しています。

洗濯洗剤は、自宅の排水溝から下水へ流れ、一部は海に流れ込みます。

アウトドア愛好家としては、なるべく環境に負担をかけない成分の洗剤を使いたいもの。

その点もECO ダウンウォッシュはクリアしていて、好感が持てますね。

 

 

ダウン製品の洗い方

今回は、モンベルのライトアルパインジャケットを洗ってみました。

 

 

こちらのジャケット、前回いつ洗ったのか覚えていませんが、かなり久しぶりの洗濯と思われます。

800フィルパワーのEXダウンがたっぷり詰まった保温性の高いジャケットですが、洗う前はなんだかぺっしゃんこ。

 

 

この残念ダウンが、洗濯することによって、どれくらいロフトが回復するか見ものです。

早速洗濯開始!

まずは、フロントジッパーやポケットジッパーを全て閉じ、軽くたたんで洗濯ネットに入れます。

洗濯機にダウンをいれ、いつもの洗濯モードでスタートします。

ここにECOダウンウォッシュを直接投入。

 

 

使用量の目安は、水10Lに対し容器蓋の半分強ということなので、今回は20Lに1杯強ほど投入しました。

ここでちょっとしたポイントですが、ダウンは洗濯機の中で浮いてくるので、ちゃんと沈めてあげてください。

15分程洗ったら、すすぎと脱水はしっかりかけてくださいね。

脱水が終わったら、風通しの良い日陰に干して自然乾燥させるか、そのまま乾燥機で乾かします。

 

 

私は普通にベランダに干しました。

自然乾燥の場合は、完全に乾いたら、空気を含ませるように全体をたたいてあげると、ダウンの偏りが均一になり、フカフカになります。

乾燥機の場合は、未使用のテニスボールを2・3個一緒に入れると、同様の効果を得ることができますよ。

 

 

驚きのロフト回復力

さて、洗う前はぺちゃんこだったダウンジャケットは、ECOダウンウォッシュで洗うことによって、どのように仕上がったのでしょうか。

こちらは洗濯前。

 

 

こちらが洗濯後!

 

 

この違い、スゴくないですか?

見事にロフトが回復し、本来の姿を取り戻したダウンジャケット。

今までは他社のダウンウォッシュを使っていましたが、正直ここまでフワフワになったことはなかったのでビックリです。

もちろん、汚れや臭いもちゃんと取れてさっぱりしました。

この仕上がりなら、なんとなく面倒で手を付けずにいた他のダウンの洗濯もやる気が出ます(笑)。

TOKOはワックスだけじゃなく、ケアラインも一流ですね。

みなさんも、驚きのロフト回復力を持つECOダウンウォッシュを是非お試しください!

 

こちらも合わせてご覧ください。

【世界的ワックスブランド】TOKOの環境と人にやさしい洗剤・撥水剤ケアラインシリーズとは?

ライン使いでハードシェルが完全復活!TOKOのECOテキスタイルウォッシュ&ECOテキスタイルプルーフ使用レビュー♪

 

まとめ

結論を言うと、TOKOのECOダウンウォッシュ、かなり良かったです。ビフォーアフターのロフトの差は歴然ですよね。これで次のシーズンも温かく過ごすことができます。ダウンウォッシュを使うだけで、洗濯自体は洗濯機まかせでOK。難しいことは何もありませんので、是非みなさんも自宅でダウンをお手入れしてみてください。

公式アカウント

関連記事