ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

オーストラリアの森林火災はなぜ起きた?オーストラリアが向き合う環境問題とは

オーストラリアの森林火災はなぜ起きた?オーストラリアが向き合う環境問題とは
大災害となったオーストラリアの森林火災。その背景には深刻な環境問題が影響しています。一方で、オーストラリアは環境問題を解決するために積極的に行動しています。大規模な森林火災が発生する原因や環境問題への取り組みを紹介します。

オーストラリアの森林火災は環境問題が原因?

環境問題 オーストラリア

オーストラリアでは大規模な森林火災が続けて発生しています。何が原因で森林火災が起きるのでしょうか。

大規模な森林火災はなぜ起きたのか?

オーストラリアのニューサウスウェールズ州で起きた森林火災は、長期間に及ぶ大規模な森林火災に発展しました。

その要因は、40℃を超える気候に加えて、長期間に及ぶ深刻な雨不足という森林火災が悪化する環境だったことです。

さらに、強風の中で森林火災が発生したことで、大規模に広がる要因が重なってしまいました。

森林火災の影響

森林火災が広範囲に広がったことで、野生動物が生息する森が奪われました。

絶滅の危機に陥っている固有種も少なくありません。オーストラリアの代表的な動物、コアラも山火事によって多くが犠牲になり、住処を失いました。

森林火災は直接的に人間や動物の住処を奪うにとどまらず、長期に渡って影響を残します。

森林火災は地球温暖化や気候変動に影響を与えます。大規模火災が起きることで、大量の二酸化炭素が放出されるのです。

大気中の二酸化炭素が増えることにより、地球温暖化が進む危険性があります。地球温暖化が進むことにより、台風や豪雨など気候変動をもたらし、私たちの生活にも影響を与えるのです。

日本でも起きた森林火災

日本でも毎年1,000件以上の森林火災が発生しています。森林火災が起きる要因の多くは、たき火やたばこなどの人が原因の火災です。

日本ではヘリコプターによる消火活動と地上の消火活動、消火設備の設置などで規模が広がる前に消火され、大規模災害に発展することはあまりありません。

しかし、日本でも林業の衰退や植生の変化などで森林を取り巻く環境は変化しており、オーストラリアの大規模な森林火災は対岸の火事とはいえないのです。

 

森林火災だけじゃない!オーストラリアの環境問題

環境問題 オーストラリア

オーストラリアが抱える環境問題は森林火災だけではありません。オーストラリアが直面している環境問題について紹介します。

プラスチックによる海洋汚染

ポイ捨てや違法投棄が原因でオーストラリアの海洋汚染は深刻化しています。

海洋汚染の原因になるゴミは直接海に捨てられたものだけではありません。街に捨てたゴミも排水溝から川へそして海へ流れていくのです。

プラスチックゴミは生物にも悪影響を与えます。誤って飲み込んだり、からまって動けなくなったりして死んでしまう事故も起きています。

干ばつ問題による水不足

オーストラリアは水不足の問題を抱えています。晴れの日が多く、年間の降水量が少ないのが水不足の要因の1つです。そのため、オーストラリアは地球上で最も乾燥した大陸と称されています。

オーストラリアでは2018年には各地で大干ばつが起き、2019年は最も降水量が少ない年でした。その結果、深刻な水不足問題が発生しています。

水不足は人の生活に影響を及ぼすだけでなく、砂漠化を加速させます。

農作物が育たなくなるため、生産量が減少したり、牛や羊の餌となる牧草が育たなくなったり、農業にも影響を与えます。

オーストラリア固有種への影響

人間による環境破壊が原因で急速に多くの種類の動物が絶滅の危機に陥っています。

オーストラリアには1,300以上の固有種が生息しています。しかし、生息する場所が森林火災により奪われ、その数は減少しました。

さらに動物たちが生息する土地を人間の生活のために整備されることにより、彼らの住処はどんどん減少しています。

自然破壊だけではなく、外来種が侵入することにより、生態系のバランスが崩れ、将来的に悪影響を及ぼします。

オーストラリアの入国審査は最も厳しいと言われていますが、これは外来種の侵入を防ぎ、国内に生息する固有種を守るためです。

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事