新品のスキーウェアに防水スプレーは必要?防水スプレーと撥水スプレーはどう違う?

Greenfield

新品のスキーウェアに防水スプレーは必要?防水スプレーと撥水スプレーはどう違う?

まだまだスキーやスノボを楽しめる季節は続きますが、春スキーは湿雪が多いですよね。そうなってくると、ウェアの防水性や撥水性が気になるところ。今回は、どんなウェアでも防水スプレーをしたほうがいいのか、どんな種類の防水スプレーを選べばいいのか、そもそも、防水スプレーと撥水スプレーはどう違うのかなど、今さら人には聞けない疑問にお答えします。

防水スプレーと撥水スプレー、どう違う?

防水スプレー

「防水スプレー」という言葉は一般的ですが、「撥水スプレー」という言葉も耳にしますよね。

両者の違いが分からず混乱してしまう人もいるかもしれません。

防水とは、繊維が水を全く通さないことをいい、撥水は、繊維の表面で水を弾くことを指します。

つまり、「防水スプレー」と書かれているものでも、水圧によっては水を通してしまうので、厳密に言えば市販の防水スプレーは全て撥水スプレーということになります。

メーカーによって呼び方は使い分けられているようですが、ここでは「撥水」に統一して進めていきます。

 

 

新品のウェアに撥水スプレーは必要?

結論から言うと、ウェアによります。

防水スプレー

created by Rinker
¥85,430 (2019/06/15 23:14:53時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ゴアテックスなど防水透湿メンブレンを使用したウェアは、メンブレンが水を通さないことに加え、基本的に生地表面にDWRという撥水加工が施されています。

このようなウェアは、新品の時点では撥水スプレーは必要ありません。

こまめに洗濯をして汚れを落とし、乾燥機にかけるか、当て布をしてアイロンをかけるなどの「熱処理」をするだけで、撥水効果は復活してくれます。

使用していて、水の弾きが悪くなった、染みてくるようになったという場合に、初めて撥水スプレーや撥水剤を使用します。

 

防水スプレー

 

対して、メンブレンを使用していないナイロンのウェア(ウィンドブレーカーのようなもの)や、スキーウェアと謳っていても安価なものは、防水や撥水効果は期待できません。

このようなウェアをスキーやスノボに使用する場合は、新品のうちに撥水スプレーを施したほうがいいでしょう。

 

 

フッ素系とシリコン系の違いは?

撥水スプレーはフッ素系とシリコン系に大きく分かれます。

防水スプレー

 

フッ素系はトゲのような粒子が繊維に付着し、水を弾きます。

水だけでなく、油も弾くので防汚にも役立ちます。

一方シリコン系は、繊維を油性の膜で覆うようなイメージです。

水だけを弾き、油は弾きません。

一般的にフッ素系よりシリコン系の方が効果が長持ちすると言われていますが、メーカーによっても違いがあり、一概には言えません。

 

防水スプレー

出典 GORE-TEX

 

また、シリコン系は透湿性を下げるので、ゴアテックスなどのウェアには使ってはいけないと言われていますが、これも間違いです。

ゴアテックス社は、どちらを使用しても透湿性に影響はないとしていますし、アウトドアメーカーが推奨している撥水剤の中には、シリコン系のものもあります。

フッ素よりもシリコンの方が粒子が大きいという情報が一人歩きしていたり、「シリコン」という言葉がもつネガティブなイメージからなのかは分かりませんが、巷の情報には惑わされないようにしましょう。

ただし、安価な撥水スプレーはシリコン系が多く、そもそも品質自体が粗悪なものに関しては、透湿性に影響する可能性はあります。

基本的にウェアに使う撥水スプレーは、フッ素でもシリコンでもどちらでも構いませんが、防水透湿素材に使用可能という表記があるものを選んでください。

 

 

スキーウェアに撥水スプレーをするときの正しい方法

防水スプレー

スキー場の駐車場で撥水スプレーを吹きかけている光景をたまに見かけますが、それでは十分な効果が発揮されません。

正しい撥水スプレーの使い方をご紹介します。

 

まずは洗濯をして汚れを落とす

新品の場合は省いて構いませんが、すでに着たウェアは必ず洗濯をして汚れを落としてください。

見た目は汚れていなくても、意外と汗や皮脂、油分などが付着しているもの。

これらをきちんと落とすことが重要です。

 

洗濯後、乾いた状態で撥水スプレーをかける

乾いた状態じゃないと、撥水スプレーは定着しません。

洗濯後は陰干しでしっかり乾かします。

完全に乾いたら、20cmほど離れたところから、全体が湿る程度にまんべんなくスプレーをしていきます。

 

しっかり乾かす

最低でもスプレーしてから30分は置きましょう。

できるなら、スキーやスノボに行く前日までにやっておくのがおすすめです。

乾かした後は、乾燥機に30分くらいかけると、より撥水効果が高くなります。

ただし、熱処理を推奨していない撥水剤もあるので、その場合はやらなくてもいいでしょう。

 

※撥水スプレーを使用する際は、必ず屋外で塗布を行ってください。

撥水スプレーの成分であるフッ素やシリコンは、大量に吸い込むと人体に悪影響を及ぼすことがあります。

また、お子様やペットがいる場合は、細心の注意を払って取り扱ってください。

 

おすすめの撥水スプレー

TOKO(トコ) 撥水スプレー 登山・防寒・雨具ウエア用 テキスタイルプルーフ 250ml

 


 

 

アウトドアブランドのマムートも推奨しているTOKOのケアライン。

ハイパフォーマンスで、人にも環境にもやさしい撥水スプレーです。

 

【撥水剤エコロジーライン】
TOKO(トコ) 撥水スプレー 登山・防寒・雨具ウエア用 Eco テキスタイル プルーフ 500ml


 

 

「ECOテキスタイルプルーフ」は、レインウェアやスノーウェア専用の撥水スプレー。

環境に悪影響のあるフッ素成分を使用していないシリコンベースのエコロジカル撥水スプレーです。

 

こちらも合わせてご覧ください。

【世界的ワックスブランド】TOKOの環境と人にやさしい洗剤・撥水剤ケアラインシリーズとは?

まとめ

防水スプレーと撥水スプレーの違いや、フッ素系とシリコン系の違いなどは、何となく分かっているようで実は分かっていなかったという人は多いのではないでしょうか。また、全てのシリコン系撥水剤が透湿性を低下させるというわけではないということも、あまり知られていません。心配であれば、使用しているウェアのメーカーに直接問い合わせてみるといいですよ。自分のウェアに合ったメンテナンスをしっかりして、シーズンラストまで快適に遊び尽くしましょう!

公式アカウント

関連記事