冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

ダイビング器材のオーバーホールは定期的に!ダイビングを楽しむためのメンテナンス

ダイビング器材のオーバーホールは定期的に!ダイビングを楽しむためのメンテナンス
ダイビング器材のなかでもレギュレーターは、安全のために100ダイブまたは1年に1度の頻度でオーバーホールをすることが推奨されています。しかし初心者ダイバーや、メンテナンスが初めてという人には、あまりピンとこないのではないでしょうか?そこで、ダイビング器材のオーバーホールの価格や、オーバーホールでどのような作業が行われるのかご紹介します。
 

ダイビング器材の定期的なオーバーホール

ダイビング器材 オーバーホール重要なダイビング器材のひとつレギュレーターは、100本潜ったらオーバーホールが必要です。たとえ100本潜らなくても、1年に1度はオーバーホールをすることが推奨されています。

レギュレーターを使用したことによる摩耗や劣化をチェックするため、ほとんど使っていなくてもゴムなどの自然劣化があるから、といった理由からです。

もちろん、この期間を過ぎたからといって、いきなり調子が悪くなったり壊れたりするわけではありません。

しかし、レギュレーターは「呼吸をする」重要な器材です。海中という過酷な環境にさらされたレギュレーターを、定期的なメンテナンスでベストなパフォーマンスを維持できるようにしておきましょう!

 

ダイビング器材のオーバーホールポイント

ダイビング器材 オーバーホール

オーバーホールを怠るとどうなる?

長い間オーバーホールをしないと不具合が発生する可能性が高くなります。

カビやサビなどの汚れが付着したり、ホース類の接続部分からプクプクとエアが漏れ出したりします。また、ファーストステージの中圧値とセカンドステージの抵抗値に狂いが生じると、エアがオーバーフロー(エアが出つづける)したりすることも。

POINT!

上記の不具合を回避するために、100本に一度、1年に一度という目安で定期メンテナンスが大切になります。

オーバーホールの価格

自動車を車検に出したことがある人ならわかると思いますが、車検費用は車の状態によってかなり差があります。

実は、レギュレーターのオーバーホールも、ちょうど自動車の車検と同じで、レギュレーターの状態によってオーバーホールの価格が変わってきます。

基本価格はお店によって異なりますが、およそ約1万円前後。これに交換部品の費用を足すと1万5千円から2万円というのが相場になります。

POINT!

オーバーホールでは必ず交換するパーツがありますが、メーカーのワランティ制度によってこの交換パーツ代金が発生しない機種もあります。オーバーホールを依頼する際は必ずワランティカードを添えて出すようにしましょう。

オーバーホールの日数

オーバーホールにかかる日数は、時期にもよりますが通常は2週間前後です。1台ずつ手作業で行うため、どうしてもこれぐらいの期間がかかってしまいます。

POINT!

例年5月から9月は繁忙期となり、タイミングによっては1か月以上かかることも。 ダイビングツアーの予定がある人は、早めにオーバーホールを依頼することをおすすめします。

ダイビングカテゴリの最新記事