『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

電源サイトで本当に使える暖房器具はこれ!【冬キャンプ防寒対策】

電源サイトで本当に使える暖房器具はこれ!【冬キャンプ防寒対策】
   
冬キャンプでは電源付きサイトを選択するのがベストですが、ひとつのサイトが使える電力は限られています。実際どんな暖房器具が最適なのか、注意点も一緒にご紹介します。
   

冬キャンプで暖房器具を準備する前に知っておくこと

冬キャンプ 暖房器具

 

寒い冬キャンプでも電源付きサイトで暖房器具を使えば安心!と、安易に考えてはいませんか?

消費電力の高いヒーターなどを使用すると、キャンプ場のブレーカーが落ちてしまいます。

キャンプ場はもちろん、ほかのキャンパーたちにも迷惑がかかり、しばらくの間電気が使えない状況になってしまうのです。

そんな事態を防ぐためにも、事前にサイトの電力量を確認しておきましょう。

 

どのくらい電気を使えるの?

キャンプ場の各サイトには使用できる電力に制限があります。

冬期営業しているキャンプ場の電源サイトでは10A(アンペア)から20Aくらいが平均的です。

電化製品には、通常消費電力が表示されていますが、その単位はW(ワット)です。

では10AでどのくらいのW数の暖房器具が使えるのでしょうか。

A×V(ボルト)=Wの計算式に当てはめてみましょう。

日本のコンセントは基本的に100Vなので、10A×100V=1,000Wとなります。

キャンプ場で制限されているアンペア数で計算すると・・・

  • 10A・・・1,000W
  • 15A・・・1,500W
  • 20A・・・2,000W

となります。

キャンプ場のホームページなどにアンペア数が記載されていない場合は、直接問い合わせて、どのくらいまで使えるのかを聞いておきましょう。

 

暖房器具のワット数はどれくらい?

では、1,000Wで使える暖房器具にはどんなものがあるのでしょうか。

キャンプ場でよく使われる暖房器具のW数は次のとおりです。

  • 電気アンカ・・・約60W
  • 電気毛布・・・40~100W
  • こたつ・・・約400W
  • ホットカーペット・・・500~800W前後
  • カーボンヒーター・・・300~600W前後
  • 小型ヒーター・・・弱で600W、強で1,200W前後

このように、電化製品のW数には大幅な違いがあります。

キャンプの準備をする前に、使用予定の暖房器具のW数を確認し、なにを持っていくのかを厳選しましょう。

 

うっかりミスでブレーカーが落ちることも!

暖房器具の電力量に気をとられ、うっかりほかの電化製品を併用して最大電力量を超えてしまうことも。

使用予定の電化製品のW数もくまなくチェックしておくといいですね。

例えば

  • ドライヤー・・・約600~1,200W
  • ホットプレート・・・約1,300W
  • オーブントースター・・・約1,300W

と、一発でブレーカーが落ちるアイテムも!

少ないアンペア数のサイトでは、考えながら電気を使いましょう。

もし夜にブレーカーが落ちてしまうと、管理人さんを呼びに行って復旧を待つ間、多くの方が暗く、寒い中で過ごすことになる可能性があります。

少ないアンペア数のサイトでは、考えながら電気を使いましょう。

 

 

冬キャンプで使える暖房器具【低電力】

冬キャンプ 暖房器具

 

【約60W】電気アンカ

椅子に敷いて使う座布団タイプのものや、寝袋の足元に入れて暖める円形のものなど、形はさまざまです。

冬キャンプでは椅子に座っている時間も長くなるので、じっとしているときに気軽に暖をとれるアイテムです。

低電力なので、ひとりにひとつ用意しても、電力を気にせず使用できます。

 

コイズミ 平形電気あんか KHA-0663

 

【40~100W】電気毛布

ツールームテントの寝室やリビングの床を暖めるアイテムとして、ホットカーペットが定番ですが、高電力なのがネックですね。

そこで、電気毛布を活用してみてはいかがでしょうか。

ホットカーペットの5分の1以下の電力で、就寝時はシュラフの下に、日中は毛布にくるまったり、ひざ掛けにしたりと、かなり便利に使えるのでおすすめです。

こちらもひとり一枚あると快適です。

 

アイリスオーヤマ 電気敷き毛布 EHB-1408-T

 







キャンプ道具カテゴリの最新記事