『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

ボルダリング初心者ならグレードを学ぼう!基本的なこと教えます!

ボルダリング初心者ならグレードを学ぼう!基本的なこと教えます!
   
ボルダリング初心者は、まずグレードとはなにかということを学びましょう。これは難易度を表していて、どのレベルにいるのかを知らないと、自分にあった練習ができないので、とても重要です。ここでは、国によって違うグレードについて説明しましょう。
   

ボルダリングのグレードは難易度をあらわす

ボルダリング グレード

 

ボルダリングのグレードというのは、難易度を表しています。

ボルダリングは、この難易度をもとにルートがつくられていているのですが、まだボルダリングをやったことがないという人のために、簡単にルールを説明しましょう。

 

ボルダリングの基本ルールとは

ボルダリングは、ただ上に登ればよいわけではなく、グレードによってつかんだり、足をのせるホールドの位置が決まっていて、その順番に登っていきます。

よくボルダリング用の壁を見てみると、番号や記号のついた色テープがはってありますが、その課題のボールドがどれかを示しています。

 

難易度によってホールドの位置や種類が違う

ボルダリングのグレードは、手と足の制限があるかどうか、ホールドの種類、ルートの難易度によって決められています。

たとえば初心者レベルであれば足は自由で、ホールドもつかみやすいものが多く、上級になればつかみにくい、または足がひっかけにくいホールドでむずかしいルートになります。

どのぐらいむずかしいレベルなのかを、あらわしたものがグレードです。

グレードは、日本、アメリカ、フランスの3つの基準があります。

日本のボルダリングジムは、日本のものだけを採用しているわけではなく、アメリカのものやフランスのものを採用しているところもあります。

そのためボルダリングをはじめるなら、だいたいでいいですがそれぞれのレベルがわかっている必要があります。

 

 

○ノースフェイス NN81822・クライミングプロテクトブリスター【3店舗買い回りで最大P10倍!1/20〜31】

 

 

ボルダリングのグレードは国によってもちがう

ボルダリング グレード

 

難易度の表示は、日本の階級グレード、アメリカのVグレード、フランスのフレンチグレードの3種類あります。

 

日本の場合

段級Vフレンチ
10級  
9級  
8級 1+

2

7級 2+

3

6級V0

V0-

3+

4

5級V0+

V1

4+

5

4級V2

V3*

5+

6a

3級V3

V4*

6a+

6b

2級V4

V5*

6b+

6c

1級V5

V6

6c+

7a

初段V7 

*VグレードのV3〜5は、日本の2つの段級にまたがっているためこのように表記しました。

 

日本の段級グレードは、10級から6段まであり、10級、9級がはじめたばかりのレベルで、6段が1番高いレベルということです。

日本では、習字や水泳など習いごとの階級といえば、級と段ですから、わかりやすいですね。

初心者の場合は、10〜7級あたりの人が多いです。

それ以上の階級になると、力だけでは登れないコースが多くなってきます。

 

アメリカの場合

アメリカは、Vグレードというのを採用していて、V+数字で表し、1番低いレベルがV0-、その後はV0、V0+、V1、V2と進み、V17が最高レベルです。

アメリカの場合、1番低いV0-でも、日本の階級に直すと6級あたりになります。

 

フランスの場合

フランスでつかわれている、フレンチグレードは番号とABCとプラス記号で表します。

例えば一番下のレベルが1+、そして2、2+、3、3+、4、4+、5、5+まで進み、その後は6a、6a+、6b、6b+、6c、最高レベルが9aになります。

日本やアメリカのものと比べると、ちょっとだけ複雑です。

フレンチの場合も、一番低いレベルである1+は、日本の階級だと8級になります。

 

 

 







クライミングカテゴリの最新記事