Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!10月第2弾は、国内販売開始となる「メープルウォーター Maple3」

クライミングをはじめよう!準備しておきたい必須アイテムとは?

クライミングをはじめよう!準備しておきたい必須アイテムとは?
   
クライミングを始めようと思った時、準備するものとはどんなものでしょうか。初心者はあれこれ用意してしまいがちです。今回は、クライミング初心者が最低限揃えたいものから、上達した時に準備しておきたいものをご紹介します。

クライミングってなに? 入門知識

クライミング 道具

 

「クライミング」とは日本語に訳すと「登ること」を意味する言葉です。

険しい岩山を登ることが始まりとされているクライミングは、手と足だけを使って登るスポーツです。

プレイする場所や目的、使用する道具などによって様々なジャンルに分けられています。

  • エイドクライミング:専用のチョークやシューズを使う
  • フリークライミング:チョークやシューズを使わない
  • ルートクライミングフリークライミング:ロープで安全確保しながらクライミングする
  • ボルダリング:ロープで安全確保せずクライミングする
  • スピードクライミング:時間制限がある、またはスピードを競う
  • リードクライミング:支点確保を移動しながら行うクライミング
  • トップロープクライミング:支点確保を最後に行うクライミング

クライミングだけでもこれだけのジャンルがありますが、このほかにも少ない道具で気軽にはじめられるボルダリングもあります。

オリンピックの公式競技であることからスポーツクライミングは急激に人気が高まり、競技人口も増えてきました。その数なんと10年で約10倍になっているのだとか。

人気のクライミングを始めたい人はどんな準備が必要になるのでしょうか。

 

 

まずは5つの道具を揃えよう

クライミング 道具

 

クライミングを始める時、初心者が最低限用意しておきたい5つの道具をご紹介しましょう。

 

クライミングシューズ

クライミングのときは普段使っているスニーカーなどでは難しいものがあります。

クライミング専用のシューズであれば足全体にフィットし滑ることなく楽しめます。

インドアのボルダリングからアウトドアの岩場まで安心してクライミングできますね。

履き心地や使い勝手は実際に履いて試すことをおすすめします。

履き口はヒモタイプ、ベルクロタイプ、スリッポンタイプなど様々ですが脱ぎ履きしやすいものがいいでしょう。
 

クライミング 道具ファイブテン クライミングシューズ

 

クライミンググローブ

ロープや岩、木を掴むとき素手だと手をケガすることがあります。

クライミング専用のグローブを付けることで悩むことなく掴むことができ安心して動作を移せるので、初心者には特におすすめしたい道具のひとつです。

しっかりと手のサイズにあった、着脱のしやすいもの、劣化しにくい素材のものを選びましょう。
 
クライミング 道具クラッググローブ

 

ハーネス

ハーネスにはノーマルタイプ、軽量タイプ、超軽量タイプとありますが初心者には少し重さのあるものの方が良いと言われています。

それはツールを吊り下げるフックが多くついていること、比較的低価格で購入できため。

技術が向上し、クライミングに慣れてきたら軽いものへランクアップしていきましょう。
 

 

チョークバッグ

クライミングは素手で行う場合、滑り止めとして手のひらにチョークを付けます。

高いところへ登り体を動かしても中身が落ちることのないチョークバッグが必要になりますね。

バッグの入れ口が大きく開閉するもの、大容量のものを用意しましょう。

腰に下げるタイプのチョークバッグが最適です。
 
クライミング 道具マムート  チョークバッグ

 

チョーク

ボルダリングには必須アイテムであるチョーク、滑り止めではなく、自分の掌から出る汗を吸湿してくれる効果があるのです。

チョークと言っても様々な種類があり、どういったものを選べばよいのかわからなくなるほど。

粉末チョークの他、水洗いで手についたチョークが落ちるもの、ボールタイプのもの、粉末チョークにエタノールを入れた液体チョークもあります。

自分の肌質や好みの使い勝手のチョークを選びたいですね。
 
クライミング 道具クライミング液体チョーク


 
クライミング 道具東京粉末

 

 

上達したら準備したいものはコレ

クライミング 道具

 

クライミングを楽しむうちにもう少し上の技術を目指して行きたいと思うこともあるでしょう。

ボルダリングはひとりでのプレイが可能ですが、クライミングは必ずパートナーとのペアでのプレイとなります。上達へ向けて準備しておきたいクライミンググッズをご紹介します。

 

ビレイ器

クライミングで安全を確保することを「ビレイ」という言葉を使って表現します。

「ビレイ器」とは、ロープを通してハーネスとカラビナを使って繋げます。

落下しにくいもの、オートロック機能がありカラビナが不用意に回転しないものだと安心で安全ですね。
 

 

ビレイグローブ

ビレイ器を安全・確実に操作するためのグローブがあれば、安心して操作することができます。

耐久性があり、しっかりとしたグリップ力があるものを用意しましょう。
 
クライミング 道具ビレイグローブ

 

クライミングロープ

クライミングを楽しむジムなどにはレンタルできる用具が準備されていますが、岩場を使ってクライミングをするときはレンタルがありません。

そのため自分でロープを用意する必要があります。

またジムでプレイをするときであっても、自分のロープを使って本格的に楽しみたいものですね。

ロープも様々な太さ・長さのものがありますが、ジムで楽しむなら30メートルくらいの長さが適当でしょう。

太さは1センチ前後で、撥水加工のものがおすすめです。
 
クライミング 道具ベアール 10mm バイラス 60m グリーン

 

 

自宅トレーニング必須アイテム

クライミング 道具

 

クライミングをしないときであっても、自宅でトレーニングを重ねることが大切です。

体幹を鍛える筋トレはもちろん、指や手首を強化できるクライミング用のトレーニンググッズをご紹介します。

 

メトリウスのロックリングス3D

壁にぶらさげて指でつかみ懸垂をすることで、指のパワーアップをめざしたトレーニンググッズです。

握力も上ると評判の定番トレーニンググッズです。
 
クライミング 道具ロックリングス3D

 

Sports パワーボール

回転の振動によって手首を強化することができるトレーニンググッズです。

重いダンベルを使うよりも、手首を痛めることなく指も一緒に筋力アップが期待できます。
クライミング 道具パワーボール 280Hz

 

 

   

まとめ

クライミングを始めたいと思った時に準備しておきたいクライミンググッズをご紹介しました。すべて揃えてしまわず、少しずつ揃えていくのも楽しみのひとつです。また、自宅でのトレーニングも欠かさず行いたいですね。クライミングは一日にしてならず、日々の練習を重ねることが必要です。ぜひ楽しく練習をすすめられるよう、ご参考になさってください。

クライミングカテゴリの最新記事