ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

海の環境保全を訴えるサーフライダー・ファウンデーション

海の環境保全を訴えるサーフライダー・ファウンデーション
カリフォルニアから始まった海の環境保護を目的とした市民団体サーフライダーファウンデーション。美しい海岸環境を守り、無駄な争いごとが無い平和な世界を求めるため活動する国際環境NGOの日本での活動を紹介します。

サーファーが始めた環境保全団体

カリフォルニアビーチ 環境保全 サーフライダー

1984年にカリフォルニアで発足した市民団体「サーフライダーファウンデーション」は、現在世界23ヶ国で、約25万人がメンバー登録する国際環境NGOとなりました。

未来のサーフライディング環境を守るため、サーファーの立場から海の保護活動を行っています。

発足のきっかけになったのは、カリフォルニア沿岸で進む開発により、海岸線の環境破壊や健康被害が取り沙汰されたことに始まります。

不安に駆られた地元サーファーたちは、自ら海の水質調査を開始します。調査で明らかになった問題点と解決策をカリフォルニア州の行政機関に提示し、幾度となく話し合いを行い、遂には乱開発を差し止め、サーフポントを守ることに成功します。

こうした市民団体による環境保護運動は、世界中のサーファーたちに広がり、現在では政府や大企業を監視、補足するNGO(Non Governmental Organizations)として国際的に環境保護の役割を担っています。

 

サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン(SFJ)

SFJ 環境保全 サーフライダー
出典 SFJ

日本でも、海岸線の環境保護を目的として1993年にサーフライダー・ファウンデーション・ジャパンが(SFJ)発足しました。

湘南中心に活発に水質調査活動行い、サーフポイントの水質改善へ向け行政への提言を実現化しています。

参考:水質調査マップ

2015年10月から組織も刷新され、多くのサーフィン業界関係者も加わりました。更なる透明性と公共性、行政との対話や各種シンポジウムを開催し、日本国内の海岸線保護のため、政府にも期待される組織を目指しています。

参考:海を愛する政治家フォーラム

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事