アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

夏キャンプのクーラーボックスに効率の良い保冷剤の入れ方

夏キャンプのクーラーボックスに効率の良い保冷剤の入れ方
アウトドアでは季節を通して、食材や冷えた飲み物を運ぶのに保冷剤やクーラーボックスは必須アイテム。今回は保冷剤の入れ方や選び方、そしてクーラーボックスと併用した保冷方法についてご紹介します。

季節を問わず食材は傷みやすい!事前にできる保冷の準備とは?

保冷剤 クーラーボックス

キャンプは現地で食事を作り、ゆっくり食べたり飲んだりすることが醍醐味のひとつ。そのため、食材を地元のお店で購入したり、事前に購入したものを持参したりするために保冷剤やクーラーボックスが大活躍します。

夏の暑い季節だけではなく、生ものや傷みやすい食料品は保冷しながら持参するのが無難です。アルコールやソフトドリンク類も冷たい方がおいしいですよね。

保冷剤 クーラーボックス

みなさんは日ごろのキャンプやアウトドアでは、どのような保冷方法で持参していますか?意外と買った袋をそのままに持参する、飲み物も氷を入れてそのまま持参している人も多く見かけます。

また、車で移動するキャンプの場合でも、ある程度車に広い収納スペースがなければ、キャンプギアとともにクーラーボックスを持参するのは大変と感じることも。

保冷剤やクーラーボックスを効率よく使用するにはどうしたらよいのでしょうか。

保冷剤の大きさを確認する

保冷剤はさまざまな場所で販売されていますが、持続時間や大きさによって価格が違ってきます。保冷剤を購入するときは、クーラーボックスに入れたとき、ほかの食材や飲み物が収まる大きさを購入しましょう。

保冷剤の持続時間を確認する

保冷剤が短時間で凍るものや、持続時間の長いものは冷却時間も長くなります。よく確認してから購入するようにしましょう。

しっかりと冷やしておきたい生鮮食品を持参する際は、食材にフィットするソフトタイプが最適。また、ハードタイプの保冷剤はクーラーボックスの下や横に置き、クーラーボックス自体を冷やすことを目的にすると効率がよいです。

さらに、クーラーボックスの開閉は最小限にすると保冷力を持続できるので、気を付けておきましょう。

事前にクーラーボックスを冷やしておく

キャンプやアウトドア当日に持って行く保冷剤とは別に保冷剤が用意できる場合は、前日からクーラーボックス内に入れて冷やしておくとよいでしょう。

また、車に積んで現地に着くまでは、車内でも陽の光に当たらないような場所へ置くか、タオルなどをかけて直射日光に当たらないように気を付けましょう。

 

効果的な保冷剤の入れ方と保冷剤に頼らないアイデア

保冷剤 クーラーボックス

クーラーボックスへ保冷剤をどのように入れると効果的なのでしょうか。さらに、保冷剤をつかわなくても保冷できる方法もありますよ。

食材をはさむようにして保冷剤を置く

クーラーボックスの大きさにもよりますが、保冷剤は底面と側面に入れ、食材などを入れたらその上にも保冷剤を置いて、サンドイッチのようにはさむことが効果的です。

また、現地で置く場所は直射日光に当たらないよう、タープの下やテントの前室などに置くように気を付けましょう。

食材や飲み物を保冷剤にしてみよう

保冷剤は意外と場所を取るもの。保冷剤があると食材や飲み物の収納量が減ってしまうというのが正直なところです。

そこで、事前に冷凍が可能なペットボトルの飲み物を冷凍して入れたり、食材を冷凍して入れておくことで、保冷剤の代わりとなり場所も取りません。また、現地で食材をつかうので帰りは空っぽで帰れるでしょう。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事