アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

キャンプに欠かせないおすすめの保冷剤と保冷バックの効率的な使い方を紹介

キャンプに欠かせないおすすめの保冷剤と保冷バックの効率的な使い方を紹介
保冷剤は、食品や飲み物を冷たい状態にキープしてくれるアイテム。キャンプの準備をしていて「保冷剤ってどのような使い方をすればよいのだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?今回は、筆者イチオシの保冷剤や効率的な使いかたについて紹介します。

キャンプに欠かせない保冷剤とは

キャンプ 保冷剤

食材を保冷するアイテム

保冷剤とは、飲み物や食料品などを冷たい状態に保ってくれる、キャンプに欠かせない必須アイテム。保冷ボックスなどに入れることで、より効率的に保冷してくれます。

保冷剤のタイプは2種類

保冷剤は大きくわけて、ハードタイプとソフトタイプの2種類。

ハードタイプはプラスチック製の容器に入っていて耐久性があります。-5℃から-10℃以下で長時間冷凍保存できるロゴスの人気商品もあり、筆者も愛用中です。

また、ソフトタイプはナイロンやポリエチレン製の袋に入っていて、持ち運びしやすいのが特徴。どちらも、できるだけ低い温度帯でボックス内を保冷できる保冷剤がおすすめです。

 

保冷剤の効率的な使い方

キャンプ 保冷剤

保冷剤は保冷ボックスと併用することで、効率よく保冷できます。適切な使い方をして保冷時間を長く保てるようにしましょう。ここでは使い方のポイントを説明します。

ポイント①使用前に保冷剤を冷やしておく

保冷剤を使用する際には、フリーザーのダイヤルを最強にして数日前から冷凍庫の温度を下げ(-20度以下)、保冷剤をしっかりと冷やして氷結させることが重要です。

冷やす時間は保冷剤に表示されています。一般的なタイプの場合、冷凍庫で36時間〜48時間ほどかかりますが、倍速冷凍タイプだと18時間〜24時間程度で氷結します。

ポイント②冷凍で保存したいものは下の段へ置く

保冷ボックスに入れる際は、2段構造にするのが理想的です。保冷ボックスの底に保冷剤を敷き、その上に冷凍で保存させたいものを置きます。このとき、壁ぎわにも保冷剤を立てかけておくと、より保冷能力が高まります。

春キャンプ時、この方法で冷凍させた鶏肉を24時間以上、冷凍のままで保存することができました。

ポイント③冷蔵で保存したいものは上の段へ置く

上の段には、冷蔵で保存したいビールや野菜などを入れます。ボックス内は、下の段を冷凍の状態にすることで、上の段は自然に冷蔵になります。

上の段にも保冷剤を置きたくなりますが、空間全体が冷えているので、その必要はありません。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥1,109 (2022/05/19 02:55:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥980 (2022/05/19 07:04:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

キャンプカテゴリの最新記事