アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

夜のキャンプ マナーと消灯時間以降の過ごし方

夜のキャンプ マナーと消灯時間以降の過ごし方
キャンプ場で過ごす夜は非日常感がありワクワクしますよね。でも、消灯時間以降は明かりを消して静かに過ごすのがマナー。守らないことで起きるトラブルは少なくありません。キャンプ場で知っておきたい夜のマナーや、おすすめの夜の過ごし方を紹介します。

キャンプの夜のマナー①音

夜のキャンプ マナー

静かに話す

基本的に、消灯時間中は大きな声での会話や笑い声は避けましょう。大声でなくとも、テントの中での話し声は意外と外に聞こえているもの。キャンプ場には子ども連れや朝に備えて早めに就寝する人もいます。

最低限の会話を心がけ、自然の音色を聞きながらゆっくりとした時間を楽しみましょう。

作業は明るいうちに済ませる

キャンプ場での夕飯は早めに済ませ、片付けも時間に余裕を持って済ませておきましょう。寝床も明るいうちに準備しておくとスムーズです。消灯時間後に作業するのは控えましょう。

車のドアを開閉する音は思っている以上に響きます。必要な荷物がある場合は消灯時間前に用意しておきましょう。

音楽・ラジオを消す

音楽を聞きながら星空鑑賞も素敵ですが、消灯時間後は音楽やラジオは消すのがマナーです。キャンプ場は公共の場なので、消灯時間前でも近隣の利用者に迷惑のかかるような音量は避けましょう。キャンプ場によっては音楽禁止のところもあります。

消灯時間後はヘッドフォンや首にかけるタイプのスピーカーを利用するのもおすすめです。

 

キャンプの夜のマナー②ライト

夜のキャンプ マナー

屋外のライトを消す

キャンプ場には消灯時間があります。時間帯はキャンプ場によりますが、22時頃から7時頃がおおよその目安。消灯時間を過ぎたら全てのライトを消さなければいけないわけではありませんが、野外を照らしているライトや光量の大きいライトは消すようにしましょう。

キャンプ場は思っている以上に暗いので、明かりが必要な作業は早めに済ませ、明かりはテント内だけにしましょう。

テント内ライトは光量を絞る

テント内のライトは、近隣のサイトに明かりが漏れないように、テント内が見える必要最低限の光量にしましょう。光量を調整出来るLEDのものがおすすめです。ライトに傘がついている形だと周りに明かりが広がりにくいですよ。白熱灯タイプも眩しく感じにくいので使いやすいでしょう。

キャンドルがゆらめいているような演出ができるライトを使えば、雰囲気も良くなりそうです。夜のトイレや非常時の移動のために、携帯できるライトやヘッドライトも用意しましょう。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事