ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【山小屋初心者】登山の山小屋泊に必要な持ち物は?山小屋でのマナーについても紹介

【山小屋初心者】登山の山小屋泊に必要な持ち物は?山小屋でのマナーについても紹介
登山をはじめてから、山小屋で宿泊するのはこれがはじめて、というかたは少なくないでしょう。今回は、山小屋泊で必要な持ち物や最低限守りたいマナーなどについて、わかりやすく紹介していきます。

山小屋とほかの宿泊施設との違い

登山 持ち物 山小屋

山小屋は、社会から隔絶した山の特殊な環境のなかにあります。そのため、山小屋の果たす役割もホテルや旅館とは、必然的にことなっています。

以下で山小屋とほかの宿泊施設との違いについて、項目別にまとめました。

山小屋とホテルや旅館の違い

山小屋は、登山者が宿泊する施設である前に、避難場所としての機能を果たしています。

天候が急変したときや、登山者の体調が悪くなった場合には、いつでも避難できるように小屋の管理人は、受け入れ体制を整えています。

たとえば、天候に左右されて、登山計画通りにいかないことはよくあることです。そのため山小屋は、予約なしでも宿泊することが可能です。

また、ホテルや旅館では、それぞれの宿泊客に部屋が割り当てられるのに対して、山小屋は上記の理由から、1部屋に3人もしくは場合によっては5人以上が相部屋になるということも珍しくありません。

山小屋とテント泊の違い

テント泊の場合はシュラフやマットなど、野外で寝るのと変わらない装備が必要です。しかし、山小屋の場合は、建物がしっかりしていて、暖房器具が備わっていることがほとんどです。

そのため、シュラフやマットなどのテント泊に必要な装備はいりません。ただし、自分のシュラフで寝たいという方は、持参してもかまいません。

 

山小屋泊ではどのような持ち物が必要?

登山 持ち物 山小屋

山小屋は一般的な旅館やホテルとことなり、特殊な環境のなかにあるため、快適に宿泊するためには、最低限用意しておきたいモノがあります。以下、山小屋泊の持ち物リストを紹介します。

山小屋泊の持ち物リスト

防寒着

 

暖房完備の山小屋がほとんどですが、山の上では、夜間に寒いことが想定されるので、かさばらないダウンなどの防寒着を持参しておくと安心です。また、美しい夕暮れや日の出が見られるのも山小屋ならでは。しっかり防寒対策をして楽しみましょう。
着替え雨にあったり、汗をかいたりしたときには着替えが必要。山での滞在日数にあわせて着替えを用意してください。
洗面用具タオル、ハブラシ、歯磨き粉などの洗面用具をジプロックなどに入れて持参しましょう。
懐中電灯などの照明器具山小屋の消灯時間は早いので、消灯後は各自で懐中電灯などを手にしてお手洗いなどを利用することになります。
コスメ用品

 

女性のかたは普段から使用している基礎化粧品やメイク用品、UVケア用品などを、かさばらない容器に移し替えるなどして持参してください。洗面所が込み合っていることがあるので手鏡などもあると便利です。
ビニール袋着替えを持ち帰るためのビニール袋が必要です。ビニール袋はさまざまな用途で利用できるので、持っていくとなにかと便利。自分でだしたゴミなども持ち帰るようにしましょう。

上記のほか、モバイルバッテリーやティッシュペーパー、ウェットシートなど必要に応じて用意しておきましょう。

そのほか用意しておくと良いもの

お酒とおつまみ

夕食時にビールなどのアルコール類を提供している山小屋がほとんどです。ただし、運搬のコストがかかり、どうしても割高になるので、自分で飲みたいお酒を持参するとよいでしょう。

ちょっとしたおつまみもあると、山小屋の夜がより楽しくなるはずです。ただし、ほかの宿泊客に迷惑がかかるようなお酒の飲み方はタブー。

コンパクトで軽いシュラフカバー(インナーシーツなど)

山小屋の布団は、不特定多数の宿泊者が使用するため、できればシュラフカバー(シーツなど)を持参するとよいでしょう。

最近では、山小屋側が用意しているケースも増えてきています。予約のとき確認しておいてください。

感染対策アイテム

マスクや消毒用アルコールなどの感染対策アイテムを持参するようにしましょう。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事