アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【北海道・道南編】北海道で秋冬キャンプを楽しみたい!おすすめキャンプ場を紹介

【北海道・道南編】北海道で秋冬キャンプを楽しみたい!おすすめキャンプ場を紹介
北海道のなかでも比較的温暖で、雪が降る時期もゆっくりめな道南エリア。寒さが厳しくなる北海道で秋冬キャンプを楽しみたい方へ、今回は北海道南部の渡島・檜山地方にあるおすすめキャンプ場をご紹介します。

北海道の秋冬キャンプ、防寒対策はどうすれば良い?

道南キャンプ場

秋から冬にかけての北海道はどんな気候なのでしょうか。秋冬キャンプの防寒対策について確認しておきましょう。

北海道の秋は朝晩の冷え込みが激しい

北海道の秋は日中20度前後と、あたたかな日がほとんどですが、朝晩は気温がひと桁台まで下がる日も多くあります。時には氷点下になるくらい冷え込む日もあります。

また、お天気が変わりやすく、天気予報に晴れマークがあってもくもりや雨になることもあります。寒い日も多く、雨がみぞれから雪に変わるということも。

北海道の秋冬キャンプは、防寒対策をしなければ夜は寒くて眠ることができません。シュラフ・テント・衣類・靴・防寒小物・暖房器具などをよくチェックし、持参してください。

電源サイトの場合、電気毛布や電気ストーブなどを用意するとあたたかく過ごせます。そのほか、カイロや寝袋に入れて暖をとる湯たんぽなどがあると良いでしょう。

筆者はカセットガス缶を使えるストーブを持っていますが、眠るまで焚き火と一緒にストーブであたたまってから眠るようにしています。なかなか重宝しますよ。

また、お茶やスープをすぐ飲めるように、ケトルを用意し常に火にかけておくのもおすすめです。

北海道の秋冬キャンプはどんな服装が良い?

日中はあたたかく、気温は20度前後か二桁台なので、半そでのシャツかその上にパーカーなどを羽織る程度で大丈夫です。

しかし、夕方から夜、朝にかけてはフリースとダウンを重ね着するくらい気温が下がり寒くなります。キャンプでの服装はレイヤリングをして体温調節が簡単にできるようにしておきましょう。

防寒着のほかにも、帽子や手袋、マフラーやテントの中で履くテントシューズもあれば安心です。

野生動物などに遭遇することも

北海道はヒグマ、シカ、イノシシ、野ウサギなどがキャンプ場に現れることがあります。キャンプ場の管理棟で事前に確認しておきましょう。

また、夜テントで眠る際は、ゴミや食べ残しを外に置きっぱなしにすると動物をおびき寄せてしまうので、ゴミはテントや車の中で保管するようにしましょう。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事