アプリ開発の当初からその「開発工程」を全てSNSで発信していく、新しい開発方式を取り入れた、キャンプアプリ「tents」。iOS版に遅れること約1ヶ月半、Android版が遂にリリースされました。今までありそうでなかった、キャンプを記録して管理できるツールの誕生です。

キャンプ記録アプリ「tents」

キャンプ記録アプリ「tents」

キャンプ好きの開発者が、自分の「キャンプを記録」するためのアプリが欲しいと思い、2020年9月4日からアプリ開発をスタートしました。
その開発の進捗は「アイデア」含めて全てTwitter上で公開していく、という新しいタイプの開発方式を採用。情報が漏れるというデメリットはあるものの、多くのキャンプ好きユーザーとの意見交換や、ニーズの調査、テストモニターにも協力してもらうなど「ユーザー(キャンプ好き)と共に作るアプリ」となりました。
または、「ユーザー(キャンプ好き)が育てたアプリ」と言っても過言ではありません。

開発から約5ヶ月半の2月19日に、iOS版を先行リリース。
そして、開発者がAndroid特有の問題に悩まされながらも、4月6日に待望のAndroid版がリリースされました。

製品・サービスの概要

キャンプ記録アプリ「tents」

ありそうでなかった、あなたの「キャンプ」を記録・管理するためのアプリ

<3つの特長>

1:キャンプを記録して「管理」ができる

2:キャンプ訪問県が地図で塗りつぶされる

3:キャンプ回数がグラフで表示される

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。