ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

スノボコーデの着こなしはフードウォーマーでおしゃれに決めよう!かぶり方や素材別の違いをご紹介

スノボコーデの着こなしはフードウォーマーでおしゃれに決めよう!かぶり方や素材別の違いをご紹介
スノーボーダーたるものゲレンデファッションも楽しみたいという方も多いはず。そこでおすすめしたいのが、高い機能性とおしゃれな見た目を併せ持つフードウォーマーです。本記事では着こなしのポイントからおすすめのフードウォーマーについてご紹介します。

そもそもフードウォーマーとは?

スノボ(スノーボード) フードウォーマー

フードウォーマーと聞いて「ゲレンデで見かけて気になっていた」「ネックウォーマーと何が違うの?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、フードウォーマーの持つ機能性と他のウェアとの違いについて解説していきます。

優れた防寒性

首元から頭までをすっぽり覆うフードウォーマーは、かぶることで肌を露出する面積が少なくなるため、ゲレンデ上の雪や風といった厳しい環境から体温を奪われにくくする効果があります。

また、滑走中に衝撃が加わってもずれにくい構造になっているので、スノーボードに集中しながら高い防寒性を保つことができるアイテムだと言えるでしょう。

ラフさや小顔効果も期待できておしゃれ!

スノーボードのコーディネートとしてポピュラーなのがラフな着こなし。

フードウォーマーはパーカーを着用した時に醸し出されるような絶妙なラフさを演出できるため、スノーボードウェアととても相性が良いデザインになっています。

さらには、顔がボリュームのあるフードで覆われることで、視覚的に小顔効果が生まれやすくなるメリットも。

フードウォーマーを着用することでスノーマジックを狙うことができるかもしれませんよ!

ネックウォーマーやフェイスマスクとの違い

首から上に着用する防寒ウェアにはたくさんの種類がありますが、フードウォーマーとは一体何が違うのでしょうか?

例えば、ネックウォーマーは筒状の生地を上からかぶって着用しますが、鼻から首元までにおける防寒対策を前提に作られているため、頭上はヘッドギアの防寒性に頼る必要があります。

一方で、フェイスマスクはマジックテープやストラップで固定して使うものが多く、滑走時にずり落ちでしまうリスクも。

フードウォーマーは、パーカーのフード部分が独立したデザインになっているため、首から上を網羅する防寒性を備えており、マジックテープなどで固定する必要がないため滑走時に外れる心配もほとんどありません。

ゲレンデに行く際にはぜひともチョイスしたい万能アイテムといえるでしょう。

 

ゴーグルやヘルメットはどうする?フードウォーマーのかぶり方

スノボ(スノーボード) フードウォーマー

ヘルメットやビーニーなどのヘッドギアとの合わせ方はゲレンデファッションの重要なポイントになります。着用する際のおすすめスタイルについて見て行きましょう。

王道のビーニースタイル

防寒対策の定番ともいえるビーニーは、フードウォーマーととても相性の良いアイテムです。

かぶり方としては、ビーニー→ゴーグル→フードウォーマーの順が一般的なスタイル。

防寒性を保ちながらストリートファッションのようなスタイリッシュな着こなしが演出できるので、ゲレンデに映えるコーディネートになるでしょう。

フードだけ外せば手軽に体温調整できる点もおすすめポイントです。

ヘルメットとも相性抜群

転倒や接触による衝撃から頭を守ってくれるヘルメットは、フードウォーマーとの相性が良いヘッドギア。

ヘルメット→ゴーグル→フードウォーマーの順が一般的ですが、プロライダーなどはゴーグルをヘルメットの内側に着用するスタイルが多い傾向にあります。

なおゴーグルとフードウォーマーはヘルメットサイズが展開されているものもあるので、実際に着用してサイズ感を確かめることをおすすめします。

ページ: 1 2
   
   

スノーボードカテゴリの最新記事