アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

ワンハンドビーチクリーンを知っていますか?SDGsをサーファー目線で考えてみた

ワンハンドビーチクリーンを知っていますか?SDGsをサーファー目線で考えてみた
2015年に国連で採択された「SDGs」は、持続可能な世界を作るための共通目標となってます。その中の「海の豊かさを守ろう」は海で遊ぶサーファーには最も関心の深い項目です。ここではワンハンドビーチクリーンなどのサーファーならではの活動からSDGsを考えてみます。

マイクロプラスチックと海の関係

ワンハンドビーチ サーフィン

海洋ごみでとくに問題となっているのがプラスチックごみです。

日本でも多くの海辺ではペットボトルなどのプラスチックごみを見かけます。

プラスチックは形成しやすく丈夫で長持ちすることから、1950年代頃から現在に至るまで私たちの生活に広く浸透してきました。

しかし、その丈夫さゆえに自然界では分解されずに数百年や数千年も自然界に残ってしまうとさえいわれています。

そんなプラスチックが劣化して海を漂い、バラバラの細かい5mm以下の破片となったものをマイクロプラスチックと呼びます。

マイクロプラスチックの状態になると、すべてを回収するのは困難となってしまいます。

こうしたマイクロプラスチックを誤って摂取した魚などの体内には、そのままマイクロプラスチックがたまり、食物連鎖の過程で私たち人間の体内に蓄積すしてしまいます。このことによる健康被害も懸念されています。

このよう状況で私たちにできることは、

  • プラスチックをできるだけ排出しないようにすること
  • 海に流れ出たプラスチックをできる限り回収すること

今はそれしか方法がないのです。

プラスチックごみについて国内外の取り組み

国内ではレジ袋有料化で大幅にレジ袋を減らす動きが活発になっており、企業が独自に生分解性プラスチックへ移行する動きも進んできています。

また、海外ではレジ袋の有料化だけではなく、国によっては使い捨てビニール袋や使い捨てプラスチック製品を禁止する法律があるほどです。

日本でも、スターバックスやマクドナルドなどもプラスチック製品の使用中止や紙製品への転換などうぃ表明しており、世界中でプラスチック削減に取り組まれています。

 

ワンハンドビーチクリーン・サーフワンハンドとは

では、私たち個人ではどんなことができるのでしょう。

そのヒントが、ワンハンドビーチクリーン・サーフワンハンドの活動にあります。

プラスチックごみは、私たちサーファーのフィールドに落ちているのをよく目にします。

ワンハンドビーチクリーン・サーフワンハンドは、サーフィンを終えた後にボードを片手にかかえ、空いたもう片方の手でビーチのごみを拾っていく活動です。

海で遊ぶサーファーならではの発想が、今や世界中に広まっています。

日本でもサーフライダーファンデーションなどの団体からの発信、活動などで徐々に浸透してきてきている活動です。

ビーチに落ちているゴミをひとりのサーファーが拾う行動はわずかなアプローチかもしれません。

しかし、同じ活動を世界中のサーファーが行う事で、大きなアプローチへと変化していきます。

現状の環境悪化を少しずつでも食い止めることができるはずです。

持続可能な環境でサーフィンを楽しむためにひとりひとりの行動や選択をこの機会に見直してみませんか。

サーフライダーファンデーション「#one hand beach clean up」活動

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
【GreenFixグリーンフィックス】
¥440 (2021/04/17 21:30:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Futures.
¥16,280 (2021/04/17 21:30:12時点 Amazon調べ-詳細)

サーフィンカテゴリの最新記事