アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

スキレットとフライパンの違いは?人気のロッジでシーズニングしてみました!

スキレットとフライパンの違いは?人気のロッジでシーズニングしてみました!
鋳鉄でできたフライパン、スキレット。普通のフライパンより厚手なので、熱伝導性と蓄熱性に優れ、さらにテーブルにそのまま出せば絵になるすぐれものです。スキレットとフライパンの違や、使い方を知って、いつものキャンプ飯をグレードアップしましょう。

キャンパーからも人気!スキレットとは

スキレット LODGE(ロッジ)シーズニング 厚手の鋳鉄でできたスキレット は、アルミやステンレスなどの一般的なフライパンに比べて熱伝導性が高いのが特徴の調理アイテム。食材にむらなく熱が伝わり、料理をよりおいしく作れるのも人気の秘密です。

また、厚手で蓄熱性が高く、熱すると冷めにくいという特性から、そのまま食卓に出してゆっくり食事を楽しむことができます。

さらに、スキレットごとテーブルに料理を出すことでき、お手入れも簡単とあって、キャンパーからも注目を集めているアイテムです。

 

キャンプでもスキレットをおすすめする理由

スキレット LODGE(ロッジ)シーズニング キャンプシーンでスキレットを取り入れることのメリットは、なんといっても、さまざまなメニューを楽しむことができ、料理の幅を広げることができるということでしょう。

たまごや肉、パンケーキなどを焼くだけではなく、アヒージョやパエリアなどメインメニューも楽しめます。

スキレットを2枚使えば手作りの焼き立てパンを自宅やキャンプで簡単に作ることだってできるのです。

作った料理をアツアツのまま、食卓に出すことができるのも魅力のひとつ。蓄熱性が高いので、アヒージョも食べ終わるまで温かい状態をキープできます。

温度を保ちながら食べたい料理にも最適で、外で楽しむキャンプ料理で重宝するアイテムといえるでしょう。

また、スキレットごと食卓に出して使えることから、お皿を出すことなく洗い物が減るのもグッドポイント。丈夫で長く使うことができ、後片付けの手間がかからないのも嬉しいですね。

 

キャンプ道具カテゴリの最新記事