日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

キャンプで揚げ物はできない?スキレットやダッチオーブンでキャンプで揚げ物に挑戦!

キャンプで揚げ物はできない?スキレットやダッチオーブンでキャンプで揚げ物に挑戦!
   
みんなが大好きな揚げ物は、ご飯にもお酒にもあう、キャンプにもってこいの料理です。キャンプで揚げ物ってできるの?と思っている方必見!安心、安全に調理するために必要なアイテムを使って、キャンプ料理をもっと充実させましょう。
   

キャンプで揚げ物は気兼ねなくできる!

キャンプ 揚げ物

 

キャンプ料理の幅はどんどん広がり、アウトドアシーンでさまざまな料理に挑戦するキャンパーが増えてきました。

じつは家庭料理で人気の揚げ物もそのうちのひとつ。

むしろ、油はねを気にして家で揚げ物をしない家庭もあり、「外だからこそ気にせずに楽しめる!」といった方も少なくないようです。

 

どんな調理器具を準備すればいい?

まずは、キャンプの人数によって、揚げるときの鍋を決めましょう。

ソロキャンプや二人だけの時は、少し深めのスキレットで十分。

小さいサイズのものを使えば少量の油ですむので、より気軽に挑戦できますね。

大人数の時は、ダッチオーブンを用意するといいでしょう。

ちなみに、重みのある蓋をして「蒸し焼き」にすると揚げ物がおいしく仕上がるのだそう。

そうすることでカリッとした触感の本格的な仕上がりになります。

 

スキレットとダッチオーブン(鋳鉄製)の特徴とは?

スキレットや、ダッチオーブンの定番でもある鋳鉄製の素材は、熱伝導率が高く、保温性にすぐれているのが特徴です。

ダッチオーブンといえば、蒸す、焼く、煮込むなど、万能鍋としてキャンプ料理に欠かせない鍋ですが、揚げ物の鍋としても最適です。

熱の伝わり方にムラがないため、少量の油で揚げることができ、あと片付けもらくちんなのも魅力ですね。

 

メリットがいっぱい!キャンプで楽しむ揚げ物料理

テーブルのそばで調理ができるキャンプでは、揚げたてをすぐに食べられるのがうれしいポイントです。

なかでもおすすめしたいメニューが、次から次に揚げたてを楽しみたい串揚げ。

お店と違って、家庭の食卓に揚げ油を置くのはちょっと抵抗がありますよね。

一方アウトドアでは油はねをそこまで気にしなくていいですし、立食スタイルで自分の食べたい串を揚げていく、という楽しみ方を体験することができます。

 

 

キャンプで揚げ物をするときの注意点

キャンプ 揚げ物

 

キャンプ料理を盛り上げてくれる揚げ物ですが、注意点も覚えておきましょう。

 

揚げ物の最中はそばを離れない

油がたとえ少量でも、条件がそろえば爆発や燃え広がる恐れがあります。

調理中は鍋やフライパンから離れないというのが必須条件です。

お子さんやペットが近づいて危ないめに合わないように注意をはらいましょう。

 

安定感のある場所を選ぶ

キャンプで揚げ物をするときは、卓上のカセットガスコンロや、しっかりとしたつくりのツーバーナーなどを使用しましょう。

ガスとゴトクだけのシングルバーナーなどでの調理はあまりおすすめできません。

強風で鍋ががたつくことのないように、きちんと安定しているか確かめてから火をつけるようにしてくださいね。

 

油の処理も安全第一

家庭では一回ずつ捨てることのない油でも、キャンプで使用した油を持ち帰るのは危険です。

なるべく、その場ですぐに固めて燃えるごみに出すのがいいですね。

 

 

キャンプで揚げ物をするための必要アイテム

キャンプ 揚げ物

 

楽しく揚げ物を楽しむために必要なアイテムを集めてみました。

お気に入りのアイテムがあるか、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

カセットガスコンロ

イワタニ/カセット フー マーベラスⅡ CB-MVS-2

炎が小さく、風の影響を受けにくい仕様になっている、アウトドアにもってこいのガスコンロです。

 

収納サイズ 380×329×110㎜
重量 2.8㎏

 

イワタニ/カセット フー マーベラスⅡ CB-MVS-2

 

 

ツーバーナー

コールマン/パワーハウス LPツーバーナーストーブ2

耐風性に優れていて、ハイパワーな頼もしいバーナーです。

コンパクトに収納でき、持ち運びも便利。

 

収納サイズ 540×325×70㎜
重量 4.2㎏

 

コールマン/パワーハウス LPツーバーナーストーブ2

 

 

ツーバーナースタンド

コールマン/ツーバーナースタンド

上記のツーバーナーをより安定させるなら、スタンドを使用するのが賢明です。

同ブランドのテーブルともジョイントでき、一体感のあるキッチンがつくれます。

 

使用時サイズ 550×335×700㎜
重量 1.5㎏

 

コールマン/ツーバーナースタンド

 

 

油処理剤

ジョンソン/固めるテンプル

揚げ終わった後の油が熱い状態のときに入れて、冷めるとゼリー状に固まる処理剤。

完全に固まったら、燃えるごみとして捨てられます。

 

 

ジョンソン/固めるテンプル

 

 

スキレット

Lodge/ロジック ディープスキレット10-1/4インチ

通常のスキレットより少し深めで、少量の揚げ物に適したスキレット。

慣らし済みで、面倒な前処理をせずにすぐ使用できます。

 

サイズ 内径260×深さ820㎜
重量 2.96㎏
素材 鋳鉄

 

Lodge/ロジック ディープスキレット10-1/4インチ

 

 

ダッチオーブン

コールマン/ダッチオーブン10インチ

ひと家族にちょうど良いサイズのダッチオーブン。

こちらもシーズニング不要ですぐに使用が可能です。

 

サイズ 直径250×高さ130㎜
重量 6㎏
素材 鋳鉄

 

コールマン/ダッチオーブン10インチ

 

 

耐熱グローブ

LODGE/ダッチオーブン用レザーグローブ

ダッチオーブンを扱うときはぜひ用意しておきたいグローブ。

手首までしっかり覆ってくれるタイプで、熱に強い牛皮製です。

シンプルな黒にLODGEのタグがさりげなく目立っているのもグッドポイント。

 

サイズ フリー
素材 天然皮革、コットン

 

LODGE/ダッチオーブン用レザーグローブ

 

LODGE(ロッジ) ダッチオーブン用グローブ A5-2

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?安全を確認しながら、ご紹介したアイテムを参考に、楽しくいろんな揚げ物に挑戦してみてください。定番のキャンプ料理だけでなく、メニューのバリエーションを増やして食事の時間を満喫しましょう!
LODGE(ロッジ) ダッチオーブン用グローブ A5-2

キャンプ道具カテゴリの最新記事