ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

自宅でランニングができる!おすすめのランニングマシンをご紹介します

自宅でランニングができる!おすすめのランニングマシンをご紹介します
天候やさまざまな事情から、屋外で走れずに困っているというランナーの方は多いはず。そんなときに活躍してくれるのがランニングマシン(トレッドミル)です。マラソンの出場経験豊富な市民ランナーの立場から、おすすめのランニングマシンをご紹介します。

ランニングマシン(トレッドミル)と実際の走行の違い

ランニングマシン(トレッドミル)

ランニングマシンは、ベルトコンベアが動いているので、足をただ持ち上げるだけで前に踏み出す力がいりません。

そのため、「実際の走行と消費カロリーや疲労度の面で違いがあるのでは?」と思っている人が多いのではないでしょうか。まず、ランニングマシンと実際の走行の違いについてご説明しましょう。

カロリー消費量

ランニングマシンで走るのと、実際に地面を蹴って走る場合とを比較すると、消費カロリーや疲労度において両者にはほとんど差がないことがわかっています。

実際に走る場合は、地面を足で蹴って前進しているわけですが、体重にかかる慣性の法則で前へ進むため、踏み出す力はほとんどいらないといわれています。

それよりも、股関節や膝を支点にして前へ両足を交互に繰り出すため、着地するときに全体重が片足にかかります。

踏み出す力よりも、この片足にかかる荷重を受け止めるための筋力が必要となります。ランニングマシンを使って走る場合も同じことで、どちらのカロリー消費量もそれほど変わらないわけです。

空気抵抗

ランニングマシンを使うのと実際の走行とで、違いがあるとすれば空気抵抗です。空気抵抗の差を埋めるため、ほとんどのランニングマシンに傾斜をつける機能がそなわっています。

一般的に0.5度から1度の傾斜をつけることで、外を走っているときと同じ空気抵抗が加わり、ほとんど同じエネルギー消費量になるといわれています。

そのため、ランニングマシンでトレーニングするときには、傾斜角度を1度から2度くらいつけることをおすすめします。

 

ランニングマシン(トレッドミル)の利点

ランニングマシン(トレッドミル)

ランニングトレーニングは、実際の地面を蹴ってのトレーニングが理想です。しかし、さまざまな事情から外でトレーニングできないことはよくあります。

そんなときに活躍してくれるのがランニングマシン。自宅にランニングマシンがあるとどんなことができるのか、なにが便利なのか、くわしくご紹介します。

ランニングマシンの利点①天候に左右されない

ランニングマシンのいちばんのメリットは、天候に左右されることなくいつでも思い立ったときに走れることです。

大雨が降っても大雪の日でも、カンカン照りの猛暑の日でもおかまいなし。在宅ワークをしている方でしたら、仕事の合間にちょっと気分転換のために走ることもできます。

ランニングマシンの利点②ながら走りもOK

パソコンやテレビを見える位置にセッティングして、映画などを見ながら走ることができるところもランニングマシンの魅力です。

映画だけでなくyoutube動画を見ながら走っても楽しいでしょう。

英語の習得や資格の取得を目指している人は、勉強しながら走ることもできますよ。

ランニングマシンの利点③夜でも走れる

夜しか時間がとれないという女性の場合、外で走るのが怖くてランニングが続かないというケースが多いようです。

女性の方はもちろんですが、男性の場合も安全面から夜間に外を走るのは控えたいもの。ランニングマシンが部屋にあれば、夜間でも深夜でも気にせず走ることができます。

ランニングマシンの利点④外出が不要

自宅に帰ったら外に出かけるのがおっくうになるという人は多いはずです。ランニングマシンがあれば、ランニングウェアに着替えなくても、着の身着のままで走ることができます。

また、ジムに通う必要もないため三日坊主になることもありませんし、ランニングの習慣がつきやすくなりますよ。

ページ: 1 2
   
   

ランニングカテゴリの最新記事