ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

愛用スノーボードを来シーズンも使いたいなら!正しいスノーボードのメンテナンス紹介

愛用スノーボードを来シーズンも使いたいなら!正しいスノーボードのメンテナンス紹介
   
高いお金を出して買うスノーボード。少しでも長く愛用したいですよね。スキー用品はそのまま来シーズンまで放置するとサビてしまったりして使い物にならなくなることも。そんなことにならないように、必要な正しいメンテナンスをご紹介します。
   

スノーボード(スノボ):日常的なメンテナンス〜ホットワックス〜

スノーボード(スノボ) メンテナンスス

 

スノーボードの下面にワックス掛けを施しましょう。

油分を多く含むワックスは、熱を加えることでよく伸びます。

ただでさえ寒く油が固まる季節に熱をもってワックスを伸ばし、ボード全体にムラなく塗りつけること。

これを、「ホットワックス」といいます。

ホットワックスの目的は2つあります。

  1. 滑走性能を高める
  2. ボード自体を傷みにくくする 

です。

 

滑走性能を高める 

ワックスをボード塗ることで雪の上を滑りやすくなります。

新品のボードだと表面も新しく摩擦なく滑ることができますが、何度も滑ることによってボードの表面に傷が付いたり毛羽立ちが目立ってきたりします。

これらによって雪とボードのあいだに摩擦が生じ、ボード本来の性能を生かしきれず、「前に比べて滑りにくくなった」ということに繋がります。 

 

ボード自体を傷みにくくする 

何度もワックスを掛けることで、ボードの内部にいくつものワックス層ができていきます。

この層が浅いと、ボード表面の傷からボードの内部に水が染み込み、ボードが腐るということにも繋がります。

このようにボードの状態を良く保つホットワックスですが、意外と実践できていないスノーボーダーもいます。

というのも、いささか手順が多く面倒臭いからです。 

 

ワックスの手順 

  1. クリーナーでボードの汚れを落とし
  2. ブロンズブラシで表面にある溝の汚れを取り
  3. ワックスを常温で塗り
  4. 熱源を手に持ってワックスを引き伸ばし 
  5. 乾いたら余分なワックスを取り除き
  6. ボアブラシで磨き
  7. ナイロンブラシで磨き
  8. 馬毛ブラシで磨き
  9. 磨いて出たワックスをファイバーテックで拭き取る

さすがに、ここまで完璧にやる方はほとんどプロの方ですが、全工程行うのには以下の道具一式がおすすめです。

 

 

スノーボード(スノボ):シーズン終わりのメンテナンス〜ボードをスッピンにしよう〜

スノーボード(スノボ) メンテナンス

 

ワックスがかかっているボードは、化粧している肌のようなもの。

シーズンも終わり、もうしばらく滑らない場合はスッピンにしましょう。

これまで定期的なメンテナンスではクリーナーでボードの表面だけ汚れを取っていました。

というのも、ボードの内側に水分が浸水して腐食を起こしてしまうからです。

ただ、しばらく滑らない間ずっとワックス浸しにしておくとワックスが古くなりボードの寿命が縮まってしまう可能性があります。

こういう場合には、クリーナーではなく、リムーバーを使用します。

さまざまなメーカーがリムーバーを出していますが、オススメはこちら。

 

 

海外製品や並行輸入品が多い中で数少ない日本製です。

しかも他製品に比べ大容量かつ安価なのでスノーボーダーの間でも広く愛用されています。

 

リムーバーの使い方

  1. クリーナーや水拭きでボード表面を綺麗にする
  2. リムーバーをウエスに含ませ均一になるようにボードに染み込ませる
  3. 風通しの良い場所でしばらく乾燥させる
  4. 完全に乾いたら再度1度だけワックスがけをする

この作業は必ず屋外か風通しの良い場所で行いましょう。

ボードの汚れを根こそぎ浮き上がらせる溶剤の匂いが強烈なためです。

また、リムーバーは「化粧落とし」なので、落としたあとはしっかりワックスで保湿してあげると良いです。

 

 

スノーボード(スノボ):傷メンテナンス〜自分で直せる?〜

スノーボード(スノボ) メンテナンス

 

ワックスを完璧に掛けたからといって、すべての傷を防げるわけではありません。

雪の下から小石や土が出ていて、ボードが傷付いてしまうことは致しかたなく、その場合は、修復をすればいいのです。

さまざまなところで傷補修キットが売られていますし、実際使っている方も多いです。

自己修復する際には以下のものが最低限は必要になります。

 

リペアキャンドル

 

メタルスクレーバー

TOKO(トコ) スキー スノーボード メンテナンス用 メタル スクレーパー 5560007

 

コルク

 

ラジアルファイル

TOKO(トコ) スノーボード スキー用 チューニング ラジアルファイル 300 mm 5546797

しかし、慣れていないと大切なボードを破損してしまうこともあります。

傷がある状態で雪の上を滑ると、ボード内部まで水が染み込み、ボードが腐る原因にもなります。

そんな時には、リペア専門ショップに持っていって専門家に頼むのが1番です。

すぐショップに行けないときは仕方ないですが、基本的に傷メンテナンスは専門ショップに任せましょう。

来シーズン新しいボードを買うことを考えれば、メンテナンス代もそう高くはないです。

リペアショップごと、傷の状態によりますが相場は1,000〜10,000円程度ですむはずです。

持ち込む前に、問合せしておくといいでしょう。

 

 

まとめ

一度すべて揃えるとかなりの金額になるスノーボード。少しの気遣いと絶え間なく愛情をかけてあげることで、何シーズンもまたいで一緒に滑ることができます。はじめてのメンテナンスこそ大変ですが、1度覚えてしまえばササッとできてしまうものばかりです。シーズンが始まって1シーズンぶりに倉庫から取り出したとき、「ボロボロですぐ滑れない!」ということにならないように普段からこまめなメンテナンスを心がけましょう。 

メンテナンスカテゴリの最新記事