ウインドサーフィンの種目の中で進化系のひとつが波の無い平水面でパフォーマンスを楽しむフリースタイル。技は、回転系、セイリング系など多彩で、まさに水上のフィギュアスケート。今回は歴史とオールドスタイルのフリースタイルをご紹介します。

セイルスポーツに革命をもたらしたウィンドサーフィン

ウインドサーフィンのフリースタイル

出典元:ウインドサーフィン誕生・上陸50周年記念イベントパンフレット

 

セイルを用いて風の力を利用し、水面上を進んでいくセイルスポーツは、長い間ヨットというセイルで船(ボートorシップ)を走らせる形態でした。

ヨットの船を板(ボード)に変えたセイリングは、ヨットだけだったセイルスポーツに革命をもたらしました。

そのイノベーションの中身は数々ありますが、なかでも最たる点は、前に進むセイリングそのものではなく、パフォーマンスを楽しむようになったことです。

さらにしばらくするとそのパフォーマンスのフィールドは、水面を離れ空中に拡大するとともに、波もフィールドとして取り込んでいきました。

競技としてもそれに合わせてスピードと順位を競う競技だけでなく、パフォーマンスを採点する競技が誕生したのです。

そのひとつが『フリースタイル』であり、もうひとつが『ウェイブパフォーマンス』です。

 

一度は消え、別次元に進化し驚異の復活を遂げる

フリースタイルはその名の通り、自由なパフォーマンスでセイリングを楽しむ種目です。

さまざまな技があり、その総数は定かではありませんが、今では300を越えるとも言われています。

競技では個々の技やパフォーマンス全体の出来映えを採点して競われるサーフィンコンテストやフィギュアスケートと同じ採点競技となっています。

 

TYR×GUARD ラッシュガード 長袖 メンズ・レディース兼用 グラデーションデザイン tugdr-16s
TYR×GUARD ラッシュガード 長袖 メンズ・レディース兼用 グラデーションデザイン tugdr-16s

ウィンドサーフィンの自由さがフリースタイルを生みだすのは必然

ウインドサーフィンのフリースタイル

出典元:ウインドサーフィン誕生・上陸50周年記念イベントパンフレット

 

フリースタイルが種目として登場したのは1977年。

1968年にアメリカ・カリフォルニアでウィンドサーフィンが誕生してから9年後、1974年に初の世界選手権が開催されてから3年後のことです。

この頃の創成期のウィンドサーフィンは全長が350cmを越える長いボードを使用し、ボードの上に立ってセイルをつかみ、弱めの風のなかフラットな海面を優雅に走る、カジュアルなヨットという感じのスポーツでした。

しかし、ボード上に立っていること、セイルが360度立体的に動くこと、安定さと不安定さのバランスが絶妙なこと、滑るように走ることなど、ヨットにはない自由度の高さが魅力のウィンドサーフィンは、変わった体勢でセイリングするなど、人々の遊びごころに火がつくには時間はかからなかったのです。

こうしてフリースタイルは自然発生的に誕生しました。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。