ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ウインドサーフィン・ルネサンス オリジナルボードの復活と日本人の世界チャンプ誕生

ウインドサーフィン・ルネサンス オリジナルボードの復活と日本人の世界チャンプ誕生
ウインドサーフィンが誕生して50年、その節目を迎えウインド界では、オリジナルボードの復活など原点を見つめ直す動きが起こっています。また日本人がそのボードで世界チャンプに輝きました。今、ホットなウインドサーフィンの最新事情をお届けします。

かつて一世を風靡したウインドサーフィン

オリジナルボード ウインドサーファー
出典:ウインドサーフィンジャパン

 

1968年3月、カリフォルニア在住のヘンリー・ホイル・シュワイツアーと航空エンジニアであるジェームス・ロバート・ドレイクは、考案した「ウインドサーファー」の特許申請をアメリカで行ないました。

これがウインドサーフィンの誕生と言われています。

その後、徐々に世界中に広まり、1980年代に入ると多くのメーカーが参入。

同時に波乗りやジャンプなどパフォーマンスが著しく進化し、スポーツとして爆発的なブームを世界中に起こしました。

また、1982年にはオリンピックの正式種目に採用され、2020東京五輪ではちょうど10回目を数えます。

 

日本でも巻き起こったウインドサーフィンブーム

日本への上陸は1972年。

鈴木東英氏がウインドサーファーで江戸川をセーリングしたのが始まりと言われています。

1981年沖縄で世界選手権が開催された頃から本格的なブームがスタート。

日本では“サーファー艇”と呼ばれ、世界的なブームとシンクロしながら、一大ブームを巻き起こしました。

それが顕著に現れたのが芸能の世界です。

中井貴一と松田聖子が主演した「プルメリアの伝説」をはじめ、多くの映画、CM、マンガなどの題材となり、実際にウインドサーフィンをこのむ芸能人も多く見受けられました。

そして、1984年からは10年間にわたって世界最高峰の大会“サムタイム・ワールドカップ”が開催され、その模様はTV朝日系列が放映。

ピーク時にはゴールデンタイムに放映されたこともあるほどでした。

 

エクストリームな方向に進化を続けたウインドサーフィン

人気を博したウインドサーフィンでしたが、世の中に定着したあとは、かつてのようなブームは訪れていません。

それでもスポーツとして細分化しながら進化は止まらず、今では最高スピードは時速100kmに迫り、また、大西洋横断レースが行われたり、パフォーマンスでは空中での縦方向2回転は当たり前、横のスライド回転では4回転に成功するなど、とくにエクストリームな方向で進化を見せました。

そして2018年、誕生して50年を迎えるに至ったのです。

 

 

ダカイン(DAKINE) HALF SAIL GLOVE AI237660-BLK

 

 

オリジナルボード ウインドサーファー復活

オリジナルボード ウインドサーファー
出典:ウインドサーフィンジャパン

 

2018年、誕生50周年を迎えたことをキッカケとして、これまでを見直すムーブメントが生まれました。

エクストリームに偏りすぎではないか、原点に戻ろうということで始まったアクションが、オリジナルボードであるウインドサーファーの復活です。

ウインドサーファーはとうに表舞台から消え去っていました。

しかし、このボードは入門艇として優れた性能を備え、エクストリームではなくスローなウインドサーフィンを誰でも楽しめます。

誕生後しばらくはウインドサーファー=ウインドサーフィンという時代が長く続き、ベテランの人は、ほぼすべてこのボードで育っていました。

そんな背景が重なり、ルネッサンスとして復活を遂げたのです。

驚くことに、復活したボードは、ひとつのメーカーから発表されたのではありません。

“1ブランドが独占するボードではない”という業界全体の意志に基づき、複数のブランドから、表面デザインだけ異なるそれぞれのウインドサーファーが発表されたのです。

 

ページ: 1 2
   
   

ウィンドサーフィンカテゴリの最新記事