アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

関西で手軽に釣りがしたい方必見!手ぶらOKの朽木渓流魚センターとは

関西で手軽に釣りがしたい方必見!手ぶらOKの朽木渓流魚センターとは
子ども連れだと管理されていない釣り場に足を運ぶのは少し気が引けますよね。今回はそんな方でも安心して、親子で楽しむことができる管理釣り場、朽木渓流魚センターをご紹介します。関西最大級の朽木渓流魚センターの魅力をたっぷりご紹介します。

朽木渓流魚センターって?

関西 管理釣り場 朽木渓流魚センター

 
朽木渓流魚センターは滋賀県の高島市に位置する管理釣り場で、関西最大級のルアーフィールドです。

魚種が豊富、手ぶらでも釣りを楽しむことができるなど、関西のルアーフィールドの中でも人気があります。

客数に合わせて毎日魚を放流しており、なんと年間30トンもの魚を放流しているんです。

常時、10トンもの魚がいる魚影も濃いルアーフィールドです。

利用料金

釣り場入場料金①男性(高校生から) 9時間券4,300円(延長料金500円/1時間) 3時間券2,900円(延長料金700円/1時間)

②女性・子ども(3歳~中学生まで) 9時間券3,100円(延長料金400円/1時間) 3時間券2,200円(延長料金500円)

魚の持ち帰り・ビグ内キープ数制限①9時間券50cm以下で10匹以下、重量2.5kgまで

②3時間券50cm以下で5匹以下、重量1.5kgまで※超過の場合は2000円/kgでお買い上げ

レンタル釣り具貸し竿1本1,100円(350円分のルアー無償提供) 、タモとビクの無料レンタル有り

所在地とアクセス

所在地滋賀県高島市朽木小川230
休業日1/1のみ休業※ルアーフィールド、いわな料理朽木渓流館は休業中(2019/9/10時点)
電話番号0740-38-5034
無料駐車場200台分
アクセス京都花園駅から45分、京都東ICから50分
公式HP朽木渓流魚センター

 

安全に釣りができるルアーフィールド

関西 管理釣り場 朽木渓流魚センター

 
ルアーフィールドは2つのポンドから成っているフィールドで、それぞれ異なる特徴や、魚種なども異なるため楽しみ方もそれぞれあります。

まずは、レストハウスからすぐそばに位置する第1ポンド。

100m×40mの面積を有する第1ポンドは深さが2mほどと比較的浅めのポンドになっており小さめの魚が放流されています。

メインの魚種はイワナや、ヤマメ、小さめのニジマスなどです。

第1ポンドは放流されている魚のサイズが小さく、放流されている魚が多いため魚影も濃いので、初心者や、あまり釣りに慣れていない方は第1ポンドから始めてみることをおすすめします。

そして、もう片方の奥側に位置する第2ポンドには比較的大きな魚が放流されているため、大型狙いの方にはこちらがおすすめです。

第2ポンドの方は100m×50m、そして水深も2.3mと規模も大きいルアーフィールドになっています。

魚種としても比較的サイズの大きい魚が拘留されており、ロックや大きめのニジマスに加えて、なんと、イトウが放流されているんです。

朽木渓流魚センターは関西で唯一のイトウを釣ることができる管理釣り場になっています。

「幻の魚」とも呼ばれることのあるイトウを、管理釣り場で釣ることができるというのも他では味わうことのできない経験です。

また、2つのポンドともオールシーズン可能なフィールドで、水も比較的綺麗なため、サイトフィッシングも楽しむことができます。

ご自身の狙う魚に合わせてフィールドを使い分けましょう。
 

ページ: 1 2
   
   

管理釣り場カテゴリの最新記事