ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

星のや富士 爽やかな秋の森トレで身体づくりのきっかけを得る「秋の森グランピングリトリート」を開始

星のや富士 爽やかな秋の森トレで身体づくりのきっかけを得る「秋の森グランピングリトリート」を開始
日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2019年9月1日に滞在プログラム「秋の森グランピングリトリート」の提供を開始します。星のや富士の森や、河口湖湖畔にて、トレーナーとのトレーニングを行い、冬に向けた基礎代謝の上がりやすい身体づくりを目指します。また、森の中のプライベート空間で、火起こしから始める昼食や、空中テントでの昼寝など、様々なコンテンツで深いリフレッシュをもたらします。

 

開発背景

星のや富士では、適度に身体を動かすことで、心の底からリフレッシュする「アクティブレスト」をテーマに、季節ごとにリトリートプログラムを開発してきました。

大自然に囲まれたグランピングリゾートであることを活かし、施設内外の自然の中で身体を動かす時間と、上質な癒しの時間を組み合わせることを大切にしています。

運動の秋、食欲の秋という言葉があるように、秋は冬に備えて基礎代謝が高まりやすい季節であり、代謝に必要なエネルギーを蓄えようとする季節でもあります。

基礎代謝量が増えやすく、運動にも取り組みやすい秋に、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を日常に取り入れる機会を作ることを目指して、当プログラムを開発しました。

また、9月というと、首都圏ではまだ暑さの残る時期ですが、およそ標高900mの高さに位置する星のや富士では、9月の平均最高気温は23℃、10月・11月はさらに涼しくなるため、快適な気温の中でトレーニングに取り組めます。

 

特徴1:トレーナーがサポートする「森トレ」に挑戦する 

星のや富士 秋の森グランピングリトリート

星のや富士が位置する富士山麓の森で、トレーナーの近藤ひろみ氏のサポートのもと、森の中で行う様々な森トレーニング、通称「森トレ」に挑戦します。

標高900mでのトレーニングは、準高地トレーニングにあたるため、個人で行うのはハードルが高いイメージがありますが、チェックインの際に記入する、カウンセリングシートをふまえ、ゲストのレベルに適した内容をアレンジするので、安心して参加できます。

ウォーミングアップのストレッチ、スティックを使った負荷の少ない丘陵でのウォーキング、エアロビクス、薪割りや丸太を用いたウエイトトレーニングなど、森を舞台に自然とふれあいながらトレーニングをします。

身体に適度な負荷をかけることで、心身をリラックスへ導きます。

   
   

グランピングカテゴリの最新記事