クローズするスキー場も増えてきて、シーズンオフを迎えたスノーボーダーも多いはず。ライディングを支えてきてくれた板やウェア、ブーツは汚れたり摩耗したりしています。しっかりメンテナンスをして大事に保管しましょう!

ボードのメンテナンス

スノーボード メンテナンス

まずは、ボードからビンディングを外しましょう。メンテナンスするのに邪魔になるのはもちろんですが、保管する上でもビンディングを外す必要があります。

外さないと、マウントビスの締め付ける力が板を変形させてしまい、ソールがコンケーブ状態になってしまうことがあるのです。

またマウントビスのインサートホール(雌ネジ)も、入り込んだ水が抜けず錆びてしまうことがあります。そのため、定期的にビンディングは外して確認したほうがいいのです。

次によく水洗いをして、汚れを落としましょう。

とくに春シーズンのゲレンデでは、雪を固めて滑走性を上げるために、リフト乗り場付近やバーンの各所に硫安(硫化アンモニウム)を散布することが多くあります。

これがエッジに付着したまま放置すると錆びてしまいますので、しっかり洗い流しましょう。

そのあとはリムーバやクリーニングワックスで、ソールに染み込んだ汚れをしっかり取り除きます。あとはホットワックスを行い、スクレーパーで削らずそのままに。

こうすることによって、ワックスによりソールがコーティングされ、直接空気に触れずソールの酸化を防ぐことができます。

また、エッジには錆び止めを塗っておきましょう。

ここまでの作業が終わったら、ボードをケースに入れ、高温多湿を避けた直射日光の当たらない場所で保管します。

とくに、紫外線はソールの劣化をすすめてしまうので注意してください。

ガリウム ワクシングKIT
ガリウム ワクシングKIT

 

ビンディングのメンテナンス

スノーボード メンテナンス

これも水でじゅうぶん洗浄したら、よく乾かします。金属パーツやネジに水分が残らないようにしましょう。

錆びが発生している場合は除去、錆び止め処理を行い、ひどい場合は部品を交換します。

ビンディングのネジは緩みやすい箇所も多いので、心配な箇所にはネジロック剤を塗布しておきます。

ラチェットやストラップ等負担が多い箇所は、よく点検して破損や劣化がないか確認しましょう。

柔軟性のある樹脂部品が多いので、紫外線による劣化の影響が大きく、屋外に放置したりすると固くなったり割れたりしてしまいます。

箱やケースに入れて、直射日光、高温を避けて保管しましょう。

ベッセル(VESSEL) ボールグリップ 差替ドライバーセット
ベッセル(VESSEL) ボールグリップ 差替ドライバーセット

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。