※当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
足元が濡れると、靴を乾かしたり着替えたりと面倒ですよね。雨の日のキャンプを快適に楽しむには、レインシューズで雨対策をするのがおすすめです。今回は、キャンプにおすすめのレインシューズをタイプ別に紹介します。

キャンプに適したレインシューズのタイプとは?

2023年 おすすめレインシューズ

長靴タイプ

ひざ下くらいまで、しっかりカバーできるのが長靴タイプ。大雨が降っても、靴のなかに水が浸入しにくく、靴下が濡れるのを防げます。また、多少の水たまりならジャブジャブ入っていけるので、設営や撤収の作業もスムーズに進められますよ。

少しかさばるのがデメリットですが、商品によっては、コンパクトに折りたためるタイプもあります。携帯しやすいものをチョイスすれば、突然の雨にも対応できますね。

また、素材・インソールによっては、冬キャンプの防寒アイテムにも!アウトソールが滑りにくいものなら、雪上キャンプでもばっちりです。

サイドゴアタイプ

サイドゴアタイプは、履き口にゴムが施されています。シンプルながら万能ブーツで、両足がフィットして脱ぎ履きしやすいのが魅力です。

テントからの出入りや、靴を脱いだり履いたりするシーンが多いキャンプ。サンダルタイプのシューズを用意する手もありますが、荷物は増やしたくないですよね。ミニマムにひとつで済ませたい人には、サイドゴアタイプがおすすめですよ。

スニーカータイプ

外観はレインシューズに見えないのが、スニーカータイプ。日常になじむデザインもGOODです。晴れている時間は、長靴だとファッション的に浮いてしまうのが心配な人にぴったり!梅雨・台風シーズンには、通勤や通学にも重宝しますね。

また、履き心地を靴紐で調節できるのがポイント。動くことが多いキャンプでは、レインシューズがカパカパして気になることもあるでしょう。スニーカータイプなら、インソールとの組み合わせでストレスなく着用できますよ。

キャンプにおすすめのレインシューズについては、タイプ別に後述しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【長靴タイプ】おすすめレインシューズ

2023年 おすすめレインシューズ

長靴タイプは、持ち運びがたいへんなイメージがありませんか?実は、小さくコンパクトにたためる商品もあります。ここでは、携帯性・機能性を兼ね備えた、長靴タイプのレインシューズを紹介します。

日本野鳥の会 「バードウォッチング長靴」

アウトドアやフェスシーンに、あわせやすいデザインが魅力。柔らかい素材のため、コンパクトに折りたためて持ち運びしやすいですよ。しっかり足元をカバーできるので、キャンプグッズに入れておけば心強いですね。

キャンプでは、設営を担当することが多い人にイチオシ。足まわりにフィットし、ぬかるみでも気にせず行動できるでしょう。

[日本野鳥の会] バードウォッチング長靴
[日本野鳥の会] バードウォッチング長靴

ラドウェザー 「レインブーツ」

柔らかく、フィット感が抜群のレインブーツです。クッション性が高く、インソールが厚めになっており、足にやさしい作りもうれしいところ。履き口部分は絞れるので、上からの雨水の侵入もガードできますよ。

また、かかとの出っ張り部分を反対側の足で踏むと、立ったまま脱げるように工夫されています。泥で汚れた部分を触らなくてよいので、手をこまめに洗いにくいキャンプにぴったりですね。

キャンプで散策したい人や、アクティビティでも長靴を使用したい人に、ぜひ選んでほしいアイテムです。

[ラドウェザー] レインブーツ
[ラドウェザー] レインブーツ

【サイドゴアタイプ】おすすめレインシューズ

2023年 おすすめレインシューズ

サイドゴアタイプは、シンプルであわせやすいデザインが豊富。サッと履けるかどうかも、キャンプでは重要ですよ。

ここでは、サイドゴアタイプのレインシューズを紹介します。脱ぎ履きのしやすさにこだわりたい人は、チェックしてみてください。

アモジ 「レインブーツ」

シンプルで、洗練されたデザインが魅力のレインブーツです。あわせやすいカラーなので、キャンプファッションにもぴったり。インソールは取り外しが可能で、靴のなかに泥や草が入っても、お手入れしやすいのがポイントです。

普段使いしやすく、キャンプ以外でも活躍しそうなところもGOOD!レインブーツってどんなものなのか、使ってみたいと考えている人にベストな一足です。

[アモジ] レインブーツ サイドゴアブーツ
[アモジ] レインブーツ サイドゴアブーツ

HUNTER 「オリジナル チェルシーブーツ」

天然ラバーを使用したレインシューズ。ブランドを象徴するシリーズに、履きやすさとフィット感を加えたサイドゴアモデルです。

足首からヒールにかけてのカーブは、フィット感を高めるだけでなく、スタイルも両立させたもの。スリムタイプなので、厚手の靴下を履く人は、ワンサイズ大きめをチョイスしましょう。

キャンプも普段の雨の日も、おしゃれなアイテムで気分を上げたい人に、向いている商品です。

[ハンター] レインブーツ オリジナルチェルシー
[ハンター] レインブーツ オリジナルチェルシー

【スニーカータイプ】おすすめレインシューズ

2023年 おすすめレインシューズ

スニーカータイプは、「デザイン重視だから雨が侵入しやすいのでは?」と思う人も多いでしょう。そんなことはありません。雨を防ぐだけでなく、日常のお手入れも簡単ですよ。

最後に、晴れの日にも履きたくなる、スニーカータイプのレインシューズを紹介します。

グリーンキャメル 「アクティブブーツ」

街でもなじむ、ハイカットスニーカーのようなレインブーツです。取り外しできるインソールにより、お手入れが簡単。大きな凹凸がついたアウトソールは、泥の上でも滑りにくく、アウトドア向きといえますね。

キャンプに使える機能性がありながら、比較的リーズナブルなところもGOOD!いわゆる長靴デザインに抵抗がある人に、ぜひ試してほしい一足です。

[グリーンキャメル] アクティブブーツスニーカー
[グリーンキャメル] アクティブブーツスニーカー

MOZ 「レインスニーカー」

見た目はかわいいスニーカーですが、雨でもしっかり活躍するアイテム。つなぎ目がなく、水が侵入しにくい作りになっています。ローカットタイプは、脱ぎ履きしやすいのがポイントです。

また、インソールには小さな凹凸が施されており、足裏に心地よい刺激を与えてくれますよ。中敷きは取り外しOKなので、清潔に保てるのがうれしいですね。

カラーバリエーションも豊富で、レインシューズには珍しいホワイト系のカラーもあります。重いレインシューズではなく、軽やかな足元を求める人に、最適なレインシューズです。

[モズ] レインスニーカー
[モズ] レインスニーカー

雨キャンプで活躍するレインウェアについては、こちらの記事もぜひご覧ください。

2023年 おすすめレインウェア
【2024年版】雨キャンプにおすすめのレインウェア
キャンプの日は、晴ればかりではないですよね。たとえ雨が降っても、きちんと対策しておけば、いつものように楽しめますよ。雨への対策は、まず足元から。しっかりと雨除けができるレインシューズを用意して、キャンプ場へ向かいましょう。水たまりやぬかるみがあっても、設営作業がスムーズに進められますよ。この記事を参考に、機能性・履き心地などをふまえて、ぜひお気に入りのレインシューズを見つけてくださいね。

ライター

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。