アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

雨キャンプでの撤収方法と帰宅後メンテナンスとは?

雨キャンプでの撤収方法と帰宅後メンテナンスとは?
キャンプ時に雨や夜露などでテントやギアが濡れた際、どのように撤収していますか?濡れたテントなどはどうやって持ち帰るのか、帰宅後はどうしたらいいのかなど、迷う方も多いのでは?今回は撤収方法から帰宅後のメンテナンスまでご紹介します。

雨キャンプに備え事前準備をしておこう

雨キャンプ 撤収方法

アウトドアでは急に天気が変わり雨になったり、曇りの予報だったのに雨がぱらついたり。

また、雨が降らないまでも結露でテントが濡れることが多く、テントの中で使うグランドシートやシュラフも湿気を含んだり濡れる場合もあります。さらに、撤収時に雨が急に降りだしてギアが濡れるときも。

終始晴れて濡れないキャンプはラッキー!というほど、季節の変わり目は雨や結露が多くなります。雨に濡れないために、事前にできる準備はどんなことでしょうか。

テントは水はけのよい場所に設営する

雨キャンプ 撤収方法

キャンプ場によっては、テントを張るスペースが小高くなっています。雨の場合を想定しているはずなので、その場所にテントを張るようにしましょう。

また、テントを張る場所を自由に選べるサイトであれば、一度キャンプ場内をチェックし、水はけのよい場所を選んでください。

低い場所は水が流れる通り道となる場合があります。斜めの場所や低い位置は避けましょう。

テントとタープを連結して設営する

テントの上にタープを重ねるようにしてタープの下にテントを張る方法や、テントの入り口にぴったりとくっつけてタープを張る方法などがあります。

こうすることで、ギアや人の移動なども濡れずにキャンプができます。

カーサイトのある場所を選ぶ

カーサイトのあるキャンプ場であれば、車をぴったりとテントやタープに寄せて駐車します。撤収時に雨が降っていても、濡らさず片付けや撤収が可能です。

グランドシートを敷く

雨の場合、テントがずぶぬれにならずに済むので、シートは必ず敷いておきたいアイテム。

また、雨でなくても地面からの湿気はテントを通してシュラフなどを湿らせます。テントを設置する前に、テントの下にグランドシートを敷くと地面からの湿気はある程度防ぐことが可能です。

特別なグランドシートでなくても、ブルーシートなどでも構いません。筆者はブルーシートを使用していますが濡れずに快適です。

天候が良くなければあきらめる選択も視野にいれる

雨予報の場合や出発から雨が降っていて止む気配がない場合は、思いきってあきらめるのも大切です。雨の設営後もテントから出られず、撤収もずぶ濡れだとキャンプを楽しめません。

 

雨キャンプの撤収順序

雨キャンプ 撤収方法

雨が降ってしまった場合の撤収方法について、筆者の経験を交えながら撤収する順序をご紹介します。

撤収順序①カーサイトなら車を横付けする

カーサイトのキャンプ場であれば、なるべくタープやテントの近くまで車を移動させましょう。トランクルームをぴったりと寄せることで、濡れることなくギアの撤収が可能です。

撤収順序②タープの下にテントを移動させる

テントとタープを離して設営している場合は、テントのペグを外し、タープの近くかタープの下まで移動させましょう。タープの下に移動すればテントを濡らさず、撤収作業も濡れずに行えます。

撤収順序③濡れているギアを拭いて積み込む

風をともなう雨の場合は、吹きさらしてしまいギアが濡れることも。車に積み込む際はタオルなどで水気を拭き取ってからにしましょう。

そうすることで車内が濡れたり、濡れていないギアまで濡らしてしまったりということがなくなります。

撤収順序④シュラフやシートを袋に入れて積み込む

シュラフやシートなどの水滴を完全に拭き取れない場合は、ごみ袋などの大きな袋に入れてから積み込みをしましょう。これもほかのギアや車内が濡れることを防ぎます。

撤収順序⑤テントを収納し、最後にタープを片付ける

タープの下へ移動したテントは、水分を拭き取りましょう。また、きれいにたたんで収納袋へ入れてしまうとカビや匂いが発生しやすくなります。

大きめのごみ袋など、防水性のある袋を用意しておき、おおまかにたたんで収納します。最後にタープを片付けますが、こちらも同じように、大きな袋に入れて持ち帰りましょう。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事