アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

グリーンコンシューマーの10原則とは?環境のためにできること

グリーンコンシューマーの10原則とは?環境のためにできること
環境問題に貢献できるとして注目されているのが、「グリーンコンシューマー」。消費活動をとおして、地球にやさしい選択をおこなう人のことです。今回はグリーンコンシューマーとしての10原則を説明し、環境のためにできる買いものの方法を紹介します。

グリーンコンシューマーとは

グリーン コンシューマー の 10 原則

グリーンコンシューマーとは、環境に配慮した選択をする消費者のこと。環境へのやさしさをイメージさせる「Green」と、消費者を意味する「Consumer」を掛けあわせてできた言葉です。

もともとは1988年にイギリスで出版された「グリーンコンシューマー・ガイド」という本がきっかけでした。環境問題への意識の高まりとともに、グリーンコンシューマーという言葉が世界に知られるようになったのです。

また、環境省が公表している環境白書によると、「環境への負荷が少ない製品・サービスを優先的に購入すること」を「グリーン購入」といいます。「グリーン購入」をおこなう消費者もグリーンコンシューマー。環境問題を解決していく大きな力になると期待されています。

出典:環境省「環境白書

 

グリーンコンシューマーがもたらす環境へのメリット

グリーンコンシューマー 10 の 原則

グリーンコンシューマーとしての活動は、環境にさまざまなメリットをもたらします。具体的にどのようなメリットがあるのか、見てみましょう。

地球温暖化の防止

まず挙げられるメリットが、地球温暖化の防止に貢献できるという点です。

たとえば、省エネ性能が高い電化製品を選ぶと、二酸化炭素の排出の削減につながりますね。また、再生可能エネルギーを利用すれば、限られた資源を有効活用できるでしょう。ほかにも地産地消を意識した買いものなら、輸送エネルギーを減らせます。

グリーンコンシューマーとしての選択は、さまざまな点から地球の温暖化を抑えることに役立つのです。

ゴミの削減

グリーンコンシューマーとしての活動は、ゴミを減らせるのもメリットです。グリーンコンシューマーは必要以上にものを購入しません。あるいは、捨てるところが少ない商品を選びます。

具体的には、個包装されているものの購入を避けたり、量り売りの商品を選択したりすれば、ゴミを減らせるでしょう。リサイクル品・リユース品を利用するのも、ゴミの削減につながりますね。また、プラスチックゴミを出さないために、つかい捨て容器を使用しないのもグリーンコンシューマー。

ゴミは輸送や焼却のプロセスで二酸化炭素を排出し、地球の温暖化につながります。プラスチックゴミは、深刻な海洋汚染を引き起こすのも問題。グリーンコンシューマーとしてゴミを減らす活動は、大きな意味があるのです。

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事