アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

SDGsと地産地消のつながりとは?私たちが未来のためにできること

SDGsと地産地消のつながりとは?私たちが未来のためにできること
環境に対してポジティブな印象がある地産地消ですが、SDGsと深いつながりがあります。今回は、地産地消がSDGsに貢献できるポイントを説明し、取り組みの事例も3つ挙げてご紹介。地産地消でSDGsに取り組みたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

地産地消がSDGsに貢献できる5つポイント

SDGs 地産地消

地産地消とは、地域で生産されたものを、その地域で消費するという活動です。SDGsの目標達成のために注目されるようになりました。

SDGsとは、地球を守りつつ、よりよい世界を目指すための開発目標のこと。2015年、国連サミットで採択されたものです。2030年までに世界が抱えている環境問題や貧困問題などを解決するために、さまざまな取り組みが進められています。

地産地消はどのようにSDGsに関係しているのでしょうか。地産地消の特徴を挙げながら説明します。

①陸や海の豊かさにつながる

農産物や魚介類を地域内で消費すれば、陸の資源や海洋資源を保護することにつながります。

逆に、地域外への販売や輸出量を増やそうと農地を開拓すると、森林が伐採されるなどの弊害が生じる場合があります。また、海洋資源の乱獲につながる可能性もあるでしょう。地域外への輸送で排出されるCO2は、生態系にも悪影響を及ぼしかねません。

地産地消を推進すれば、SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」と目標15「陸の豊かさも守ろう」に貢献できますよ。

②気候変動への対策となる

前述のとおり、地産地消では食品・食材の輸送時のCO2を減らせます。CO2は地球温暖化に大きな影響を及ぼす温室効果ガスの要因です。温室効果ガスが原因で、異常気象による大規模な災害が世界の各地で起こっていますよね。

地産地消はCO2の排出を減らせるため、SDGsの目標13「気候変動に具体的な対策を」に役立つと注目されていますよ。また、地域外への運搬にかかるエネルギーを削減できるので、資源の保全にもなります。

③食品ロスへの対策となる

sdgs 地産地消

旬のものを新鮮なうちにおいしく食べることは、食品ロスへの対策になります。

さらに、地産地消によって必要なものを生産できれば、輸入品への依存度を下げられるでしょう。食料の自給率がアップするのも、地産地消のよいところです。

令和2年度の農林水産省の発表によると、日本の食料自給率は37%(カロリーベースによる試算)。残りの63%は海外からの輸入に頼っているのが現状です。

地産地消で食品ロスを抑え、食料の自給率も上げることは、SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」に関連します。地域内で持続可能な形で食料を生産し、消費や廃棄システムもつくり上げていけば、この12番の目標達成への貢献になるのです。

地域内で生産・消費・廃棄まで行えると、食品ロスによるゴミの運搬エネルギーも削減できるでしょう。

出典:農林水産省「令和2年度食料自給率について」(令和4年2月2日更新)

④エネルギー問題に貢献できる

地産地消はエネルギー問題の改善にも役立ちます。エネルギーを地域内でつくりだす、エネルギーの地産地消もあるためです。エネルギーの地産地消を進めれば、エネルギー問題だけでなく、環境問題にも貢献できますよ。

電力は住んでいる地域から遠く離れたところでつくられている場合があります。震災や大型の台風などで、エネルギー供給に制約がでることがあるのが問題。そこで、自治体とエネルギー会社などが共同出資して、「自治体新電力」の設立が各地で進められています。

とくに注目されているのが、地域の特性にあった再生エネルギーの活用です。こうしたエネルギーの地産地消で、エネルギー供給のリスクを分散できますよ。

エネルギーの地産地消は、SDGsの目標7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」と、目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」に貢献するのに有効な方法です。

⑤地域活性化につながる

地産地消は、農業・水産業・畜産業などの地域の生産者を守り、地域経済の活性化につながります。「地元のおいしい食材を食べたい」という消費者のニーズが観光につながれば、地域を発展させるチャンスになるでしょう。

観光での具体例としては、たとえばレストランで地元産の野菜を売りする、農業や伝統料理づくりを体験できるツアーを実施するなどがありますね。こうした地域活性化への取り組みは、SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」につながります。

以下の記事でもSDGsについて詳しく説明しているので、参考にしてみてくださいね。

「いまさら聞けないSDGs!17の目標を身近な事例を用いてわかりやすく解説します」

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事