アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

バーナーで作る山ごはんに揃えたい道具とレシピ

バーナーで作る山ごはんに揃えたい道具とレシピ
山の美しい景色を見ながら、美味しい山ごはんを食べるのは最高のひとときです。お湯を沸かしたり、食材を炒めてみたり、調理過程も楽しいのも山ごはんの魅力。バーナーや調理道具をそろえて、新しいレシピに挑戦しましょう。

山ごはんに必要不可欠なバーナーとは

山ごはん バーナー

バーナーとは燃料を燃やし、火を起こす装置のことです。ガスなどの燃料と、調理器具を乗せる五徳を組み合わせて使用します。

登山用のバーナーを選ぶときにチェックしてほしいポイントは、「携帯性」「重量」「火力」「置いたときの安定性」です。

登山では、さまざまな重い荷物を持ち運ぶため、ザックの中に入るコンパクトさや軽量さが重要となります。風の強い場所でも活躍する火力や、バーナーを支える安定性も大切です。

バーナーには、ライターを使い着火するタイプと、着火スイッチを使って点火するタイプの物があります。登山ではスイッチ(トリガー)タイプの方が、便利で使いやすくおすすめです。

登山でガスのバーナーを使用する際は、寒さなどに強い「OD缶」と呼ばれるアウトドア用のガス燃料を使用しましょう。

家庭用のガス缶(CB缶)では、標高が高い場所や気温が低いと、着火しにくいため注意が必要です。

また、ガス缶を選ぶときは、バーナーと同じ会社のものを選ぶようにしてください。違う会社のものを使うとトラブルが発生する可能性があります。

 

山ごはんにおすすめなバーナー3選

山ごはん バーナー

山でバーナーを使う場合は、アウトドア専用のものを使用することがおすすめです。これから山ごはんでバーナーを使う方のために、厳選した商品をご紹介します。

①【PRIMUS】ウルトラバーナー

コンパクトに収納可能で、軽量ながら火力も強いガスバーナーです。4本五徳なので、調理器具を置いたときの安定性もあります。

最高出力は3,600kcal/hで、カセットコンロの強火並に高い火力です。着火はトリガータイプなので初心者の方にもおすすめのバーナーといえるでしょう。

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

②【SOTO】レギュレーターストーブ

マイクロレギュレーターと呼ばれる、気温が低い状況下でも安定した火力を出せるシステムを搭載しています。着火ボタンで簡単に点火できるのもポイント。

五徳も大きめなので、調理器具のサイズを気にする方にも、おすすめの商品です。滑り止めもついているため、不安定な場所でも調理しやすくなっています。

また、かさばりがちな五徳部分はコンパクトに折りたため、収納時は片手に収まるほど小さくなります。専用の収納袋が付いているのも便利ですね。

SOTO レギュレーターストーブ ST-310
SOTO レギュレーターストーブ ST-310

③【EPI】 REVO-3700ストーブ

バーナーヘッドに独自の新素材を使うことで、かつてない炎口密度を実現した商品です。火力の安定性はもちろん、カセットコンロにも負けない高火力を誇ります。とろ火にもできるので、繊細な調理にも対応している点も魅力のひとつです。

バーナーヘッド部分は高い耐風性を備えているため、高山などでも安定して使用可能です。折りたたみ時は、手のひらに収まるほどコンパクトになります。

五徳部分は厚みがあるので、調理器具をバランスよく置けるのもポイントです。

EPI(イーピーアイ) REVO-3700ストーブ(日本製) S-1028
EPI(イーピーアイ) REVO-3700ストーブ(日本製) S-1028
ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事