アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

夏山登山でも必要な防寒装備のレイヤリング方法

夏山登山でも必要な防寒装備のレイヤリング方法
夏の登山でも防寒装備は必要です。とくに標高が高い山に登るときは、山頂付近では真冬並みの寒さになることがあります。また、急な雨風や遭難したときにも、防寒装備は命綱に。本記事では、夏山に登るときのレイヤリング方法とアイテムをご紹介します。

夏山での防寒装備の必要性

夏山登山 防寒装備

標高が高い山に登るときほど、登山口と山頂の気温差は大きくなります。歩きはじめは暑かったのに、山頂付近で寒くなることも。標高が100m上がると、気温は0.6度下がるからです。

また、風速1m/sにつき体感温度が1度下がるので、風が強くなる稜線では、凍えるような寒さになることもあります。「夏山なのに、思ったより寒かった!」ということにならないためにも、防寒装備は必ず用意しておきましょう。

防寒に大切なレイヤリング!4つの役割

夏山登山 防寒装備

登山でのレイヤリングとは、重ね着することを意味します。レイヤリングの役割は、体温を低下させないことです。防寒というと上着だけに思われますが、登山では下着から考える必要があります。レイヤリングの基本的なアイテムとして、4つ挙げてみましょう。

  1. ドライメッシュインナー
  2. ベースレイヤー
  3. ミドルレイヤー
  4. アウターレイヤー

重ね着するそれぞれのアイテムの役割を知っていれば、気候の変化に合わせて、温度調節がスムーズにできます。上記4つのアイテムの役割をご紹介しますね。

①汗冷えを防ぐ「ドライメッシュインナー」

肌に直接触れるアイテムには、ドライメッシュ素材のものを選びます。汗を素早く吸い上げ、肌を濡らさないようにするためです。汗が肌に残ったままだと、体温が奪われて汗冷えの原因になります。

汗冷えは、体力の消耗や低体温症のリスクにつながるのが問題。吸い上げた汗を拡散できるように、ドライメッシュの上には速乾性のあるTシャツを着ましょう。

➁蒸れを防ぐ「ベースレイヤー」

夏山登山 防寒装備

ベースレイヤーは、ドライメッシュで吸い上げた汗を拡散する役割があります。夏は半袖を着ることが多いですが、登る山によっては長袖のベースレイヤーがおすすめです。腕の汗を吸い、ケガの予防にもなりますよ。

ただし、ベースレイヤーの着心地や機能は、素材によって変わります。場所や天候に合わせて選びましょう。下記の記事で詳しくまとめているので、参考にしてくださいね。

夏の山登りの服装で大切なベースレイヤーの選び方とおすすめについて徹底解説!

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事