アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

キャンプでの刃物の取り扱いについて基礎を正しく学ぼう!

キャンプでの刃物の取り扱いについて基礎を正しく学ぼう!
キャンプに慣れてくると、こだわりのギアがほしくなります。とくにナイフやオノといった刃物は、キャンプをはじめてから必要になってくるギアです。しかし、取り扱いに注意しないと事故につながります。今回は、キャンプでの刃物の取り扱いについて説明します。

キャンプがより快適に!キャンプで使う刃物3つ

キャンプ 刃物取り扱い

キャンプを何回かこなしていると、薪の処理や調理などで刃物があると便利だなと思ったことはありませんか?

焚火台に合わせて薪を短く処理したり調理時に使用するなど、野外では刃物の出番は多く、日常生活以上に利便性を感じます。

キャンプで活躍する刃物にはどのようなものがあるでしょうか?代表的なものを3つ紹介します。

オールラウンダーのナイフ!調理にも薪処理にも

キャンプ 刃物取り扱い

まずはだれでも扱いやすいナイフです。自宅でも調理などで使う機会も多い刃物ですが、キャンプでも大活躍。

薪を使いやすい大きさに割るバトニングや、火種として用いるフェザースティックを切り出す作業などに使用します。あまり大きな薪を処理するのには向いていません。

キャンプでは、持ち手まで刃がとおり安定性のあるフルタングタイプ、折り畳みができ携行性に優れたフォールディングナイフがポピュラーです。

ユニフレーム-UNIFLAME UFブッシュクラフトナイフ
ユニフレーム-UNIFLAME UFブッシュクラフトナイフ

ナタはナイフとオノの中間で扱いやすい

キャンプ 刃物取り扱い

ナタはナイフにくらべて刃が厚く、薪を割るのに用いられます。刃が厚く重さがあるので、ナイフよりも割りやすいのが特徴。

少し大きめの薪を切り出すのにも、バトニングにも向いています(写真のものは厳密にいうと竹割ナタです)。

鉈 ナタ 味方屋作 片刃東北型6.0 白樫柄

鉈 ナタ 味方屋作 片刃東北型6.0 白樫柄 鞘付
鉈 ナタ 味方屋作 片刃東北型6.0 白樫柄 鞘付

薪割りならいちばん!オノ

キャンプ 刃物取り扱い

薪割りにはオノがいちばん効率がよいでしょう。刃が厚く振り下ろすように割るので、固い木の薪でも簡単に割れます。

オノというと大きく丸太を割るイメージがありますが、写真のように柄の短いオノもあります。力が入れやすいので、丸太や大きいサイズの木材を薪にするのがとても楽です。

水野製作所 越後三条打刃物 全鋼 小斧(コオノ)

水野製作所 越後三条打刃物 全鋼 小斧(コオノ)700g
水野製作所 越後三条打刃物 全鋼 小斧(コオノ)700g 

 

まずは基本から 正しい刃物の扱い方〜薪割りの方法について

キャンプ 刃物取り扱い

ここからは、刃物の正しい扱い方について、薪割りの手順を通して説明します。

使用する刃物①ナイフ

ナイフで薪を割ることをバトニングといいます。まず、薪を安定した台の上におき、薪に刃をたてます。このとき、木目に沿って持ち手付近から、地面と平行になるように刃を当てるようにしてください。

別の薪でナイフの背をたたきます。ナイフと地面がまっすぐ平行になるようにすると力が入りやすいです。

使用する刃物②ナタ

ナタを使った割り方は前述したバトニングのほか、ナタを打ち付けて割る方法があります。ナタの刃を木目に沿って当てがい、その場でトントンと軽く落とし薪にナタの刃を食い込ませます。

薪が食い込んだ状態でナタをもちあげ、打ち付けるように落とし割ります。いちどで割れなくても少しずつ割ると安全です。

使用する刃物③オノ

オノには両手持ちの大きなものもありますが、今回はキャンプで用いられる小オノを例にあげます。

まず、安定した台の上に丸太または木材をおきます。姿勢は立った状態もしくはヒザ立ちの状態、姿勢に合わせて台の高さは調整しましょう。

両手でオノをしっかりともち頭上に掲げて振り下ろします。このとき、少し腰を落とし気味にするのがポイントです。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事