アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

再生可能エネルギーへの取り組み!アウトドアブランドの事例や個人でできること

再生可能エネルギーへの取り組み!アウトドアブランドの事例や個人でできること
再生可能エネルギーについては、よくわからない人もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、再生可能エネルギーのメリットや、アウトドアブランドの取り組み事例を紹介します。エネルギー問題のために個人でできることも挙げていますので、ぜひ参考にしてみてください。

再生可能エネルギーとは?

再生可能エネルギー 取り組み

再生可能エネルギーとは、自然界に常に存在している、枯渇しないエネルギーのことです。

なぜ今、再生可能エネルギーが注目されているのか。それは、「持続可能な社会の実現」と密接な関係があります。持続可能な社会とは、「自然や人・動物が共生しつづけられる社会」のことです。

とくに、日本の持続的な発展のためには、再生可能エネルギーを積極的に導入する必要があります。

というのも、2018年の日本のエネルギー自給率は、わずか11.8%。主要国のなかでは34位と、エネルギー自給率が低い状況です。政府は2030年までに、再生可能エネルギーの比率を22〜23%程度まで引き上げることを目標としています。

今後も再生可能エネルギーへの注目度は、ますます高まっていくでしょう。

出典
・資源エネルギー庁「2020—日本が抱えているエネルギー問題(前編)」
・資源エネルギー庁「2030年度におけるエネルギー需給の見通し(令和3年9月)」

 

再生可能エネルギーの3つのメリット

再生可能エネルギー 取り組み

再生可能エネルギーのメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 枯渇しない
  • CO2などの温室効果ガスを排出しない
  • エネルギー自給率が上昇する

上記のメリットを、もう少し詳しく説明します。

①枯渇しない

再生可能エネルギーは、枯渇する恐れがありません。エネルギーをつくるのに太陽熱や風、水力などを用いるため、限りがないからです。

一方で、石油や石炭、天然ガスなどのエネルギーは、化石エネルギーで「枯渇性資源」と呼ばれています。有限なので、使えば減っていくところが、再生可能エネルギーと異なるところです。

②温室効果ガスを排出しない

CO2などの温室効果ガスを排出しないのも、再生可能エネルギーの大きなメリットです。

逆に化石エネルギーは、CO2などの温室効果ガスを発生させます。人類の発展のために利用されてきましたが、地球の気温を徐々に上昇させ、地球温暖化という危機的状況を生みだしました。

再生可能エネルギーは、クリーンなエネルギーという点でも注目されています。

③エネルギー自給率が上昇する

再生可能エネルギーによって、エネルギーを自国で確保できる比率が上昇します。自然の力を用いて電力を供給できるためです。石油などの資源に乏しく、エネルギー自給率の低い日本でも、再生可能エネルギーは有効な手段になるでしょう。

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事